パクリだろうと何だろうと良いモノは良いのだ

角松敏生ネタが続くが、今度はこんなのをYouTubeで見つけた。角松敏生の元ネタ集。彼が楽曲作成の際にパクった、アレンジの参考にしたと思われる曲を並べたもの。

面白い! 言われて見れば確かに、と思うものも多い。やー、よく探して来ましたね、と思う。このクリップの作者、この時期のこの手の音楽に相当明るい人なんだろうな。

けれども、クリップの作者にそういう意図があったかどうかはわからないが、コメント欄に角松敏生への誹謗中傷やからかいのようなのが並んでいるのは、ちょっとどうなんだろうと思った。ざっと聞いて見て、似てる部分はあるが盗作なんてものじゃもちろんないし、パクリかどうかだって、こういうフレーズは誰でも思いつくのでは、という気がするものもある。(「Rush Hour」と「What A Fool Beleives」のイントロとか)

角松敏生の初期の楽曲に、よく似た洋楽ナンバーがあることは、前から知っていた。本人もそれを認めているし、山下達郎の影響を強く受けていることも、しばしば語っていた。これには取り上げられていないけれど、瓜二つと思える曲はほかにもある。「Summer Moment」と「愛を描いて~Let's Kiss The Sun」とか、「I Need You」と「ふたり」とか。イントロの雰囲気だけ聞き比べれば、「君を二度と離さない」だって「Sparkle」にそっくりだ。

けれども、だから何だと言うのだろう。これで彼の音楽性への評価が下がるかと言えば、断じてそんなことはない。日本人アーティストの楽曲が洋楽のあれに似ている、これに似ている、盗作だ、パクリだ、なんてことは色々な人に対して昔から言われていて、今さら、だからどうした、と思う。サザンだのユーミンだのB'zだのの大御所だってパクリ批判には常にさらされているし、そんなことを言い出せば、日本のロックやポップスはみなビートルズのパクリだろうし、クラシック音楽の世界だってパクリと言われるフレーズはなんぼでもあるのだ。

音楽に限らず、創作活動はゼロから行われることはあり得ない。影響を受ける何かが存在する。そうしてできた作品が、影響を受けた作品に似るのは当然のことだ。それをとらまえて盗作だの音楽性の底が浅いなどと批判する人は、だったら聞くなよ、と思うだけの話だ。

そういう前提に踏まえた上で、やっぱりこのクリップは面白い。「Dancing Shower」なんて、The Manhattansの「It Couldn't Hurt」に、ちょっとこれは似過ぎでしょう!と私でも思うし、ここまでやるか、と言いたくなる気持ちもわかる。が、メロディーラインやアレンジの雰囲気はそっくりだけれど、コード進行などは違うところも多いから、これは盗作とは呼べまい。あからさまなパクリ、くらいだろう。自分がプロデューサーなら、これを自作曲と認めるかどうかの判断は微妙かも知れないが、今のように情報が溢れていない当時の時代背景、売出し中の新進若手アーティストのデビューアルバム、ということでこれもOKとされたのだと思う。角松サンは当時若干21歳。勢いで作ってしまってこういうことになった、ということで、これはこれで、時代と彼の音楽性の変遷を示す、貴重な記録ではないかと思うのだ。



別なブログで見つけたが、「Secret Lover」(角松敏生 1985)の元ネタと思えるのが、World's Famous Supreme Team の「Hey DJ」。確かにベースラインや全体の雰囲気は良く似ているが、角松敏生の曲はラップだけでなく美しいメロディが乗っている点で原曲とはまったく違う。これを「盗作」などと言うのはナンセンスと言うか、。むしろ、当時ニューヨークで流行していたHIP HOPのスタイルをあそこまでうまく楽曲に取り込んだ角松敏生の器用さ、勉強熱心さを評価したい。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 通販

    Excerpt: パクリだろうと何だろうと良いモノは良いのだ 旅するデジカメ~札幌発東京定住日記/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 通販 racked: 2013-07-03 20:32
  • モンクレール 大阪

    Excerpt: パクリだろうと何だろうと良いモノは良いのだ 旅するデジカメ~札幌発東京定住日記/ウェブリブログ Weblog: モンクレール 大阪 racked: 2013-11-27 03:25