らーめんバリ男~一食の価値アリの重量級ラーメン

画像 外勤途中の通りすがり、行列のできているラーメン店が目に入った。ちょうど昼どきでもあったので、気になって入ってみた。その名も、「らーめんバリ男」。店名からして、どんなラーメンが出てくるか想像がつきそうだ。

 経験したことのない、個性的なラーメンだった。うどんのように太い麺で、バリバリの固ゆで。ラーメンをすすると言うよりは、バクバクと噛んで食べる感じ。スープは、最大級の表現がふさわしい超こってり。そこに大盛りのモヤシとトロトロに煮込んだ豚肉が3片添えられている。

 確かに、うまい。働き盛りの男なら、ラーメン一杯で腹一杯で腹一杯の感触はなかなか得られず、ライスだの大盛りだのを頼んでしまうものだが、この店のこれは、一杯あればほかになにもいらない。替え玉も小ライスも不要。大食いの私が言うのだから、間違いない。これで750円なら、いいな、と思う。

 前に、東京で食べるとんこつラーメンは本場に比べてずいぶんこってりしている、と書いたことがあるが、今の東京では、こういうこってりズドーンみたいなラーメンが流行るわけだ。

 一度試してみる価値はあると思うが、こういうのを食べ付けてない女性が食べると、途中でギブアップか、そうでなければ具合を悪くしそうだ、そのくらい、この店のラーメンは重量級だ。

画像
画像
画像








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック