12月でも暖房なしで過ごせてしまう東京の冬

画像 きのうの東京電力管内での電力消費量は発電量の94%で、4月以降の最大値を更新したのだそうだ。震災で原発が止まって以降、電力会社が毎日発表するようになったこういう数字って、「原発がないとこんなに電力が足りないんだ、よく見ておけ!」みたいなブラフに見えて非常に不愉快なのだが、それはそれとして、消費電力量が増えた理由は、真冬並みの寒さで暖房の使用が増えたことらしい。

画像 そんなに寒いのかいな、というのが北海道育ちの私の実感。と言うのも、我が家ではこの冬まだ一度も暖房をつけていないから。マンションの断熱がしっかりしているのか、外気が6~8度くらいだと暖房を入れなくても室温は21度くらいで保たれる。ちっとも寒くない。もっとも、北海道の冬で室温21度というのはかなり寒いのだが、それは暖房で湿度が30%くらいにまで下がってしまうから。東京だと湿度は常時50%以上、この差は大きい。

 この先、暖房ナシの日々をどれくらい過ごせるのか。興味津々で、東京生活初めての冬を越す。





Ocean Radio@2011

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック