USBメモリ 64GB・・・モバイル用途ならハードディスクはもう不要かも?

画像 ノートパソコンのハードディスク容量が足りなくなってきた(100GB)ので、追加のストレージがわりに大容量のUSBメモリを買った。シリコンパワー社製の64GB。

 Amazonで2980円。価格.comで探せば、もっと安いショップもあったが、送料込みの価格だとAmazonが最も安いようだ。

 64GBと言えば、5年くらい前のハードディスクの容量である。それが、この大きさ、この価格で手に入ってしまうことに、月並みな感想だけど、驚く。記憶媒体の高密度化、小型化、低価格化は、相変わらずとどまるところを知らない。そのうちハードディスクなんていらなくなるんじゃないか、と一瞬思ったが、ハードディスクも同じようなテンポで大容量化しており、いまや2TB級でも1万円以下のものが、普通に出ている。メモリの大容量化がハードディスクを追い抜くことは原理的にあり得ないのだろうけど、モバイル用途に関しては、もう既にハードディスク不要と言えるレベルまで来ているんじゃないだろうか。こんなのを4〜5個並べれば、ノートパソコンならOSからアプリからデータから、用が足りてしまいそう。少なくとも、ノートパソコンのサブストレージ用途としては、ポータブルハードディスクは、動画の編集とか特殊な用途を除いては、用を為さなくなったのではないだろうか。

画像 右の写真は8年前に買ったポータブルハードディスク、30GB。値段は一万円くらいして、海外旅行を中心にずいぶん持ち歩いて写真の保存などに使ったが、お役御免となった。情報機器を使っていると、こういうことは必ず起きる。


















Ocean Radio@2012



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック