大渋滞で車載テレビの威力を実感した

 交通機関や行楽施設に負荷が集中する全国一斉連休など有害無益。ゴールデンウィークなぞ消えてなくなれ! と、さんざんブーたれていたわりに手のひら返しのようだが、連休中は2度の長距離ドライブ旅行に行ってきた。前半は一泊二日で長野、後半は二泊三日で金沢と飛騨高山へ。職場や学校が同時に休みになる機会はやはり貴重だし、東京に赴任している間に行けるところには行きたいという考えもあった。金沢も飛田も、北海道からわざわざ出かけて行くかというと、微妙な場所でもあるし。

 小京都と呼ばれる街並みや、世界遺産の合掌造りや、飛騨山地の雄大な景色など、いろいろと楽しみ、思い出に残る休日ではあったが・・・予想通りと言うか想定通りというか、渋滞に捕まった。5月3日は中央道の下り。渋滞を避けようと午前5時に出発し、5時30分には高井戸ICを通過したにもかかわらず、稲城IC手前から上野原IC付近まで約40キロの渋滞、通過に3時間。帰路の新東名・東名高速はもっと強烈で、駿河湾沼津SAを過ぎたあたりから海老名SAを過ぎるまで約70キロ、通過に4時間半を要した。これは、長泉沼津IC付近の事故渋滞(約10キロ)、足柄SA~大井町田ICの急曲線・速度低下による自然渋滞(約25キロ)、海老名SA手前上り坂での速度低下による自然渋滞(約25キロ)が合わさったもので、途中数キロほどは通常速度で走れる区間があるにはあったが、感覚的には70キロの渋滞に閉じ込められているのとまったく変わらない。これまで経験した中で、最長の渋滞だった。

 発表される渋滞予測を見て、早朝に出発するとか、ピーク時間帯を避けて通過するようにするとか、それなりの対策はしているつもりなのだが、あまり意味がなかった。渋滞予測が発表されると、多くの人が「裏をかこう」として、逆にピーク前後の時間に混雑が集中する。それに、事故はいつどこで起きるかわからず、ひとたび事故渋滞にはまってしまえば、綿密な計画もパーになる。結局、首都圏に住んで連休にドライブ旅行に出ようとすれば、この程度の渋滞には遭遇するもの、時間はかかるもの、と思って計画するしかないのだろう。交通機関の負荷軽減のために国民一斉連休をやめよ、という声が強くならないのが不思議でならない。結局(何度も言っていることだが)、日本人にとって休日とは、仕事や学校を休んで休暇を心から楽しむことが目的なのではなく、「みんなで一斉に休むこと」が目的だからなのだろう。

 ところで今回のドライブ旅行、渋滞にはまるたびに「あってヨカッタ」と思ったのが、先日取り付けたTV-NAVIキット。純正ナビ一体型の車載テレビの映像を走行中でも映し出せる装置で、通常のカーナビは安全のため走行中はテレビ映像が出ないようになっている。

 誰でも想像はできると思うが、景色の変化がまったくない渋滞中の密閉された車室内というのは、恐ろしく退屈な空間だ。会話を楽しむにも限度があるし、ラジオや音楽でもそう変わらない。そういうとき、テレビの威力というのは一種の魔術である。どんなにつまらない番組でもそこそこに退屈はしのげるし、時間が経つのを忘れさせてくれる。今回のドライブでも、普段あまり見ない(見せない)テレビを思いっきり見れると、子どもたちは渋滞中でも大喜び。放送波が届かないトンネル内ではDVDを見せて、なおさら大喜び。もちろん、運転中の私はじっくり見ることはできないが、前方やミラーと交互に画面をチラチラ見るだけでも、十分に退屈はまぎれるのだった。北海道にいたころは、車載テレビの必要性をそれほど感じなかったのだが、こうして渋滞頻発の地域に住むと、クルマでテレビが見れて良かった、としみじみ思う。TV-NAVIキットのような部品の需要があるわけだ。

 逆に言えば、走行中に画面が出なくなる車載テレビなんて、ほとんど意味がない。渋滞とは言ってもノロノロとクルマは動くわけだし、信号待ちくらいの時間なら、わざわざテレビを付ける必要性がない。メーカーが「わき目運転防止」「安全対策」を強調するのもわかるが、渋滞を想定して時速20キロ程度までは画面が映るようにするとか、アイサイトのような追突防止・自動ブレーキ装置が稼働中の場合は画面可とするとか、同乗者が見る想定で助手席側に規制解除のスイッチを付けるとか、メーカーの機器設計ももう少し柔軟にすればよいのにな、と思う。(もっとも、ドイツのように運転席から見える場所にテレビを設置するのを法律で禁止する国もあるから、このへんの考え方は世界的にも一様ではないようではあるが)



ウォールストリートジャーナル「走行中にテレビ 世界に類を見ない日本の自動車運転習慣





Ocean Radio@2013





写真日記 ブログランキングへ

◆旅するデジカメ on Twitter

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ 店舗

    Excerpt: 大渋滞で車載テレビの威力を実感した 旅するデジカメ~札幌発東京定住日記/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ 店舗 racked: 2013-07-03 06:12