陸自ヘリの墜落事故について

画像
自衛隊機の死亡墜落事故は、去年5月に北海道北斗市に陸自のLR2が墜落した事故から数えて、これで4件目。9か月で4件の死亡墜落事故とは、明らかに異常である。うち2件は操縦ミスが原因と判明している。今回のケースは状況から見て、整備ミスの疑いが強い。

任務強化と人手不足、訓練不足、そして、高価で実効性が疑問視される正面装備の相次ぐ導入に起因する予算不足のしわ寄せが招いている事態、と思えてならない。

日本の自衛隊は、その正面装備の立派さに比べて、個人装備や教育訓練費が極めて貧弱で、アンバランスな「実力部隊」だという事実が、意外に知られていない。

原因の徹底追及は当然だが、その「背景にあるもの」に目を向けなければ、事故は何度でも繰り返される。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック