アメリカは時給1600円の時代へ

けさの新聞ネタ。アメリカ連邦政府が、直接雇用の労働者の最低賃金を15ドル(約1600円)に引き上げるのだと。連邦政府の賃金は国内のスタンダードだろうから、各州の最低賃金もこれを追いかける形となるだろう。カリフォルニア州は、2022年には最低賃金を15ドルにすることが決まっている。 最低賃金が時給1600円。日本でこれを上回る賃金で働く労働者(正社員、非正規雇用、臨時雇用など全てを含めて)がどれ…

続きを読む

突然の退役…JAL 国内線ボーイング777

 コロナ禍で出張にも旅行にも出れない中、JAL国内線からBoeing 777 が突然全機退役してしまった。予告もなく、セレモニーも、もちろんなく。国内線B777は元々、2021年度内全機退役の予定だったが、P&W製エンジンの不具合から飛行停止措置が長引いているため、ライン復帰させるよりも、予定を前倒してそのまま退役させたほうが経済的なのだという。飛行停止措置の発動時点で就航していたB777は7機…

続きを読む