とっくに死に絶えているこの国の民主主義を再確認した統一地方選の結果


統一地方選挙、各地で自民党系知事選挙が圧勝という選挙結果、沖縄で起きていることと結びつけてどうしても考えてしまう。

あれは、政府が沖縄に対し強圧、強行、民意無視の姿勢を取り続けていることの結果、なのではないかと私は思う。政府が沖縄に対して取る態度から発せられるメッセージ。それは、政府の意向に歯向かってもダメなんだ、地方に自分たちのことを自分たちで決める権利なぞないのだ、地方は中央政府の方針に沿う範囲でしか生きる道はないのだ、そういうものにほかならない。有権者たちは、辺野古の基地建設をめぐる報道を通して、さういう様を嫌というほど見せられた。一部の在京メディアは、そういう政府のメッセージの広報機関の役割を、あからさまに果たした。

そんなのおかしい。国民主権と地方知事は憲法が政権に対して要求する根本原理じゃないか。地方は中央政府の方針に従えなぞあり得ない! そう憤るだけの健全性は、もうこの社会には残っていないようだ。その証左が、過去最低となった低投票率だろう。

"とっくに死に絶えているこの国の民主主義を再確認した統一地方選の結果" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント