日ハム新球場は真駒内が本命?

けさの地元紙から。真駒内に新球場案、とあるが、そう簡単に行かない気がする。 地下鉄駅から遠いから、クルマで行こうとする人が増える。周辺は大渋滞になる。ボールパーク建設のためには都市計画法の用途地域変更が必要だが、住環境悪化が予見できる中で周辺住民は同意するのか。反対運動を押し切って建設強行、というマイナスイメージが付いてしまっても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LINE・・・24時間以内なら発言を「なかったこと」にできる

 LINEで、誤送信したメッセージを24時間以内であれば消去できるようにする機能が付くことが、あちこちで話題になっている。  似たような機能は、中国版のLINE「WE CHAT」には既に装備されている。ただし、WE CHATの場合、消去できるのは発進から3分以内。24時間以内となると、ちょっとでも気が変わったら、何でも取り消してし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAS導入機、JA010Dで東京へ

1111の朝、JL504便で東京に向かう。一泊二日の週末旅。 けさの乗機はBoeing 777-289 JA010D号機。この機体は13回目の搭乗だ。 この機体は旧JAS時代の1999年に導入され、JALJAS統合でJALに移管された機体。統合後もかなりの期間、JAS時代の内装、座席のまま運航されていたけれども、いつのまにか…

続きを読むread more

禁煙ルームがタバコ臭でプンプンだった件

 仕事のため、今週は東京滞在。4泊5日のホテル暮らしをしている。夜の付き合いを終えた午前0時半、予約しておいた有名チェーンのビジネスホテルにチェックインした。予約の際に指定した禁煙ルームに入ると、強烈なタバコ臭がする。驚いてフロントに電話。 「いまチェックインした部屋、禁煙ルームですよね?」 「禁煙ルームですが、何かございました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タイタニック号の沈没原因は「石炭庫の火災」という新説

 ナショナルジェオグラフィックチャンネル(ナショジオ)で放送してた、タイタニック沈没原因に関するドキュメンタリー「タイタニック号 隠された火災」、おもしろかった。沈没の本当の原因は、船内の燃料庫で発生していた火災の高熱で船体強度が著しく低下したことではないか、という仮説を検証する内容で、火災さえなければたとえ氷山に衝突したとしても150…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リベラル」という言葉について

 「リベラル」という価値観が、安全保障と憲法という軸でしか語られないのは、この国の不幸の一つではないかと思う。  本来「リベラル」とは「集団よりも個人」「格差の解消」「富の再配分」「人権の尊重」といった、多様性と寛容さ、個の重視を目指す理念だったはず。それが世界標準。なのにこの国では、端的に言えば憲法9条変更を是とするか否とするか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再びJアラート・・・腹が立って腹が立ってしょうがない

 腹が立って腹が立ってどうしようもない。不気味な警報音でたたき起こす「Jアラート」とやらが、である。  前にも書いたように、北朝鮮が日本を狙ってミサイルを発射する可能性は、冷静に考えて、極めて低い。日本の真上の宇宙空間を飛び越えるミサイルが空中分解して破片が日本国土に飛散する可能性だって、確率の低さは天文学的だ。それなのに、「避難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊機LR-2墜落事故・・・原因は操縦ミス

 今年5月に起きた陸上自衛隊機の墜落事故、自動操縦装置が誤って解除されて機体が降下し、警報も無視して地面に激突した、という調査結果が発表された。無線交信中に誤って自動操縦の解除ボタンが押されたが、コクピット内の誰も、機体の異常降下に気づくことはなかったのだという。  事故発生の直後に私は「機長も副操縦士も気づかぬまま機体が降下の状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外交の機能不全で国民を戦争ゴッコに駆り立てるな

 けさの地元紙。  ミサイル警報(Jアラート)はすべての市民に瞬時に届かなければならない、市民はそれに従って避難しなくてはならない、という前提に立つ報道姿勢にひどく疑問を感じる。向こうは「日本国民を恐怖に陥れる」のが目的なのだから、騒いだ時点で向こうの勝ち、こっちの負け。わからない理屈じゃないと思うのだが。  北朝鮮が日本国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jアラートの朝・・・戦争ゴッコはいいかげんにしろ、と言いたい

 けたたましい警報音で叩き起こされた。大地震でも来るのかと思ったら、ミサイル発射だと。  日本国内に落下する可能性は極めて低い上に、本当に落ちて来るなら避難なぞ間に合うわけがない。「頑丈な建物や地下に避難してください」とあるが、警報対象の市民がみんなこれを実行したらどれほどの大混乱になるのか、考えたことがあるのだろうか。おまけに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自由研究代行業」が大流行という話だが

 「自由研究代行業が大繁盛」というハナシを、たまたまネットニュースで読んだ。研究レポートの代筆が1万5000円、工作の代行は3万円。それでも、注文が多すぎて対応できないため、7月末には受付を締め切ったのだという。  「塾通いや自分の受験勉強で手一杯で学校の宿題なんて時間の無駄」という発想なんだろうけど、感心しないね。無駄なことはし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CD製作費500万円、高い? 安い?

 ふと見つけたネットのインタビュー記事を読んでいて知ったのだが、角松敏生の最新作「SEA IS LADY 2017」(5/10リリース)の製作費は500万円だったのだそうだ。  「カネかけてんな・・・」というのが第一印象。  仕事の関係もあって、この種のパッケージメディアの収支構造は、およそ理解している。メジャー商品の場合、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山下達郎コンサートに行って来た(2017.8.19 苫小牧市民会館)

 山下達郎のコンサートに行って来た。札幌から1時間15分のドライブで、苫小牧市民会館まで。  タツローのコンサートチケットのハードルの高さは世間でも有名な話で、一般発売は全国どの会場も即日完売である。最近は抽選方式が導入されたので発売日初日にネットにかじりつく苦労からは解放されたが、抽選結果を待つのは、まるで宝くじの発表を待つよう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JL123便の墜落事故からきょうで32年

 JL123便の墜落事故からきょうで32年。  毎年この日になると、読みあさった事故関連本の内容、自分で足を運んだ墜落現場、事故が当時の社会に与えた衝撃の大きさを思い出す。  御巣鷹山の墜落地点に立ったとき、標高1540mの現場の山深さ、地形の急峻さはまさに、「聞きしにまさる」ものだと感じた。ほぼ垂直に感じられるほどの斜面が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故・・・その後の人々

 祝日。久しぶりに1人映画。「彼女の人生は間違いじゃない」を見に行く。  おもしろかった。震災と原発事故が題材の作品なのだが、映像がかもし出す空気感の表現が見事。ドキュメンタリーのように、動く・追うカメラワークもいい。テレビ番組とも、新聞雑誌や書籍とも違う、映画ならではの「伝える力」を強く感じた。  去年4月に訪れた福島県浜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電話が苦手な人が増えている・・・というハナシ

 けさのラジオで「電話の受け答えが苦手な人が増えている」という話題をやっていた(FM北海道「Brilliant Days」)。電話をかける前には「これから電話してよろしいですか?」とメールするのが新マナーとなりつつある、のだとか。  「冗談じゃないぞ」という気がする。ビジネスの世界は瞬間のレスポンスが生命線。メールで返事を待つ、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲田防衛大臣発言をめぐって

 6月3日にシンガポールで開かれたアジア安全保障会議で、稲田朋美防衛大臣が「私たち3人には共通点がある。みんな女性で、同世代。そして、全員がグッドルッキング(美しい)!」と発言して会場の失笑を買ったことを、きょう友人からのシェアで知った。  公式な場で女性の外見をネタに何かを語ることは御法度というのが世界の常識なのに、なんたる発言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共謀罪法が成立~何かが音を立てて崩れて行く

 何かが、音を立てて崩れて行く。私たちが大切にしてこなかった、何かが。  小さな亀裂が遠い昔にでき、そこから水が染みこみ、内部で腐食が進み、ボロボロになった橋脚がついに音を立てて崩れだした、そんな様子を見る思いがする。  ここまで来る前に、針路を少しだけでも修正するチャンスは、何度もあった。このときも、あのときも。けれども、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国産ポテトチップス品薄でLAY'S輸入?

 ぶらりとコンビニに立ち寄ったら、LAY'Sのポテトチップスが棚に目立つように置かれて「新発売」のマークが付いていたので、驚いた。ついにLAY’Sが日本のコンビニに上陸。原料のジャガイモ不足で国産メーカーのポテチが品薄になっている影響なのだろうか。  LAY'Sはコーラで有名なアメリカ・ペプシコグループのスナック菓子部門、フリトレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あすは運動会

 あすは札幌のほとんどの小学校で運動会だ。けれども天気予報は、雨の予報。出勤前にラジオを聴いていたらパーソナリティが、「天気が大きく崩れるようなら早めに中止の判断をしてほしいですね」などと話していた。  これはあちこちで聞く話なのだが、「実施有無が当日朝までわからないのでは困る」という保護者の声が、最近は強いらしい。「仕事を休む段…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キッズウィーク・・・世にも奇妙な休暇奨励策

 アホも休み休み言えや、と思う。「キッズウィーク」の話である。コレを思いついたヤツって子育ての経験がなくて、自分の学校時代は授業と塾以外のことを何もやったことがないヤツだと思う。  夏冬の休み以外に9連休を作るとなると、運動会や修学旅行に学習発表会、遠足に校外学習や学力テスト、各種行事の調整、中学以上だと文化体育の各種大会や研修、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ILSアプローチ中に山に激突・・・なぜ?

 行方不明だった陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌・丘珠飛行場)のLR-2が、きょう午前見つかった。やはり、山にぶつかって大破しており、北斗市の袴腰山(標高618m)山頂から東に3kmの斜面だそうだ。乗員4人は収容された後全員の死亡が確認された。きのうの時点では、「機体発見まで時間がかかるのではないか」と予想していたが、予想よりは早く見つか…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

不可解な事故・・・陸上自衛隊LR-2が消息不明

 陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌・丘珠飛行場)のLR-2が消息不明になった。状況から見て、墜落した可能性が高い。北海道からの要請を受けて急患搬送のために函館空港に向かう途中、約30km手前の山中でレーダーから消失したという。  報道等によると、現場付近は雲底180m程度と、極端な視界不良だった。雲中飛行で山に衝突したものと推察する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法は変えてはならない

 憲法は変えてはならない。  憲法記念日の日、そういう思いを新たにする。去年までは、「変えなくていい」「変えてもどうせ守らないのだから改憲手続きは時間の無駄」などと言っていたが、切迫感を欠く物言いだったので、今年からは「変えてはならない」と書いておく。  自民党の憲法草案のあちこちには、中国・北朝鮮の憲法・法律との驚くほどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び・・・飛行機・バスの座席にリクライニングはいらない

 連休の谷間、出勤前にラジオを聴いていたら、「乗り物のシートのリクライニングをどう利用するか」というテーマでメッセージを募っていた。 「後ろに人がいなかったら倒すけど、人がいたら倒せない」 「アメリカまで14時間、シートを倒せず垂直に座っていたらきつかった」 「バスで何も言わずに倒されると気分がよくない」 「身長が高いので普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌上空で戦闘機目撃が相次ぐワケ

 この1か月ほど、札幌上空を戦闘機が通過する事例が相次いだような気がする。私が直接目撃したことが2回あるし、友人がFBで報告したり、子どもが「戦闘機を見た」と報告したり。旅客機とは明らかに違う轟音を立てて通過して行くので、屋外にいるとすぐにわかる。雲があると音だけ。晴れていると機影も視認できる。統計資料があるわけではないのであくまで感触…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B777国内線にA350・・・キャパ不足はどうする?

 国内線B777の後継にA350を入れるとJALが発表した。「ボーイングの上得意がエアバス機を大量導入」という衝撃のニュースから3年半。ようやく路線投入計画が明らかになった。B787を国際線専用機材としている先例から見て、A350も国際線からだと思っていたが、意外だった。導入から20年以上が経ち、頻繁な離着陸で経年化が進むB777の置換…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

狂気の沙汰・・・辺野古土砂投入ついに始まる

 コバルトブルーのサンゴの海に、貴重な生態系が存置された生命の海に、回復不能な土砂投入だ。「この美しい海を埋め立てるなぞ狂気の沙汰だ」と言い続けてきたが、その「狂気の沙汰」が、ついに実行された。この国は、狂気が支配している。  沖縄の有権者の意思なぞ一顧だにされない現実。それを実行する政権が高い支持率を得ている現実。端的に言えば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原裕次郎記念館に行ってきた

 ​今年8月での閉鎖が発表されている、石原裕次郎記念館に行ってきた。1991年にオープンしたこの施設、入場料を払って見に来たのは今回が初めて。いつでも行けると思うと、先延ばしになってしまうものだ。  本人主演映画のセットの再現や往年の映画ポスター、活動年表、私邸の再現や愛車、膨大な衣装の展示など、なかなか見応えがあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HAC SAABの後継機はATR42で当確か

 丘珠空港のジェット化について書いたついでに、もう一つの気になるトピックについても触れておきたい。それは、丘珠を拠点としているHAC(北海道エアシステム)が運用するSAAB340Bの後継機問題だ。  北海道エアシステムは、北海道内の離島や地方都市間の高速輸送機関として北海道と当時のJASが設立した第3セクターである。1997年9月…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more