不可解な事故・・・陸上自衛隊LR-2が消息不明

 陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌・丘珠飛行場)のLR-2が消息不明になった。状況から見て、墜落した可能性が高い。北海道からの要請を受けて急患搬送のために函館空港に向かう途中、約30km手前の山中でレーダーから消失したという。  報道等によると、現場付近は雲底180m程度と、極端な視界不良だった。雲中飛行で山に衝突したものと推察する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法は変えてはならない

 憲法は変えてはならない。  憲法記念日の日、そういう思いを新たにする。去年までは、「変えなくていい」「変えてもどうせ守らないのだから改憲手続きは時間の無駄」などと言っていたが、切迫感を欠く物言いだったので、今年からは「変えてはならない」と書いておく。  自民党の憲法草案のあちこちには、中国・北朝鮮の憲法・法律との驚くほどの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び・・・飛行機・バスの座席にリクライニングはいらない

 連休の谷間、出勤前にラジオを聴いていたら、「乗り物のシートのリクライニングをどう利用するか」というテーマでメッセージを募っていた。 「後ろに人がいなかったら倒すけど、人がいたら倒せない」 「アメリカまで14時間、シートを倒せず垂直に座っていたらきつかった」 「バスで何も言わずに倒されると気分がよくない」 「身長が高いので普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌上空で戦闘機目撃が相次ぐワケ

 この1か月ほど、札幌上空を戦闘機が通過する事例が相次いだような気がする。私が直接目撃したことが2回あるし、友人がFBで報告したり、子どもが「戦闘機を見た」と報告したり。旅客機とは明らかに違う轟音を立てて通過して行くので、屋外にいるとすぐにわかる。雲があると音だけ。晴れていると機影も視認できる。統計資料があるわけではないのであくまで感触…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B777国内線にA350・・・キャパ不足はどうする?

 国内線B777の後継にA350を入れるとJALが発表した。「ボーイングの上得意がエアバス機を大量導入」という衝撃のニュースから3年半。ようやく路線投入計画が明らかになった。B787を国際線専用機材としている先例から見て、A350も国際線からだと思っていたが、意外だった。導入から20年以上が経ち、頻繁な離着陸で経年化が進むB777の置換…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

狂気の沙汰・・・辺野古土砂投入ついに始まる

 コバルトブルーのサンゴの海に、貴重な生態系が存置された生命の海に、回復不能な土砂投入だ。「この美しい海を埋め立てるなぞ狂気の沙汰だ」と言い続けてきたが、その「狂気の沙汰」が、ついに実行された。この国は、狂気が支配している。  沖縄の有権者の意思なぞ一顧だにされない現実。それを実行する政権が高い支持率を得ている現実。端的に言えば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石原裕次郎記念館に行ってきた

 ​今年8月での閉鎖が発表されている、石原裕次郎記念館に行ってきた。1991年にオープンしたこの施設、入場料を払って見に来たのは今回が初めて。いつでも行けると思うと、先延ばしになってしまうものだ。  本人主演映画のセットの再現や往年の映画ポスター、活動年表、私邸の再現や愛車、膨大な衣装の展示など、なかなか見応えがあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HAC SAABの後継機はATR42で当確か

 丘珠空港のジェット化について書いたついでに、もう一つの気になるトピックについても触れておきたい。それは、丘珠を拠点としているHAC(北海道エアシステム)が運用するSAAB340Bの後継機問題だ。  北海道エアシステムは、北海道内の離島や地方都市間の高速輸送機関として北海道と当時のJASが設立した第3セクターである。1997年9月…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

引きずり降ろし・・・ユナイテッド騒動から見えること

 我が目を疑った。男性客が男3人に囲まれ、狭い通路を引きずられるように運ばれている。口からは血を流している。「ひどい」「なんてことするんだ」という声が通路に響く。シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行のユナイテッド航空3411便(Embraer 170/登録番号 N632RW/運航会社=Republic Airlines)で今週日曜夜(4日9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丘珠空港・・・ジェット効果で20万人達成

 丘珠空港の活用について思うところを書きとめておいたら、翌日の新聞にタイムリーな記事が出ていた。丘珠空港の年間利用者数(2016年度)が20万人を超えたのだという。ANA撤退の直後には12.8万人にまで落ち込んだことを考えれば、奇跡の回復と言えるだろう。  とは言っても、20万人というのはANAが丘珠に拠点を置いていた頃の、ようや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丘珠空港にジェット機が就航していた

 丘珠空港にジェットの定期便が就航したというので、様子を見に行って来た。定期便というのは、静岡空港から飛んでくる富士ドリームエアラインズ(FDA)の174/173便。13時30分に到着し、14時00分に出発する。静岡からの所要時間は行きが1時間45分、帰りが1時間50分。機体はブラジル・エンブラエル社の小型ジェット、E170・E175(…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

札幌の春・・・ホコリと強風の季節がやってきた

 札幌にも春が来た。きょうから自転車通勤を再開する。中央区内のオフィスまで、円山の自宅から約15分。軽い運動になるし、地下鉄通勤に比べて10分ほど時間を短縮できるのが何よりもいい。朝の10分は貴重なものだ。  それにしても、5年の東京生活を経て久しぶりに4月の街に自転車で出て見ると、雪解け時期の札幌は泥とホコリまみれで、なんと汚ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時速140km/hの最速気動車・・・夢破れ解体

 地元紙の朝刊に載った記事が目に付いた。JR北海道が時速140㎞/h運転を目指して開発していた特急用新型気動車の試作車(キハ285)が苗穂工場で解体作業中なのだという。  キハ285は、2006年に基本技術の開発が始まり、2014年に川崎重工で試作車が製造され、JR北海道に納入された。キハ281/283で確立した制御式振り子とキハ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日高線のDMV構想について・・・否定的感想をつらつらと

 JR北海道が廃止・バス転換するとしている日高線の沿線町村会が、バスではなくDMV(デュアルモード・ビークル)への転換構想を、この週末に急に持ち出してきた。日高線の一部区間は高波で路盤が崩落して不通状態となり、JR北海道は復旧を断念して路線全体を廃止してしまいたい考えだが、沿線町村会としては、線路・道路の両方を走行できるDMVの利点を生…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大スクープ事件の予感・・・オスプレイのフライトマニュアル流出

 3日発売の「週刊金曜日」に、MV-22オスプレイのフライトマニュアルの内容がスクープされているという。てっきり、アメリカ本土の情報公開制度で入手でもしたのかと思って書店で手に取ったら、実物の写真入り。しかも去年12月に沖縄で不時着大破したMV-22から流出漂着したものだという。  ヤバいよ、これ。直感的にそう思った。  フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機内モニター廃止は時代の流れ・・・ホンネはコスト削減でしょ

 ネットニュースを見ていたら、アメリカの大手エアラインが今後導入する新型機材で個人モニターを廃止するという話が目にとまった(CNN、ハフィントン・ポスト、ほかが報道)。いろいろ理由は言われているけれど、詰まるところはコスト削減なのだろうな、と私は思う。  IFE(インフライトエンターテインメントシステム)は、意外と金食い虫なのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MRJ納入、5度目の延期

 MRJ納入、5度目の延期が発表された。   産みの苦しみ。ジェット旅客機新規開発の困難さを考えたら当然、想定されるべきこと。三菱の技術力が足りないとか、そういう話じゃない。旅客機の完成機に関しては、ノウハウなど元々ないのだから。  【Ocean Radio@2017】 MRJ納入がまた2年延期 三菱重社長「開発前に勉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アパホテルについて思うこと

 中国の旅行サイトで日本のアパホテルが予約できないようになっている、というハナシ。こういうことをヤッちゃうのが「あの国」なんだなぁ・・・というのが、正直な感想。  すべてが当局の監視下にある中国経済である。当局見解と対立する歴史観を開陳する宿泊施設に自国民を送り込むのは差し障りがある、そういうことなのだろう。当局の直接の指示があっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲酒運転の背景にあるものに目を向けよう

 きょうの地元紙に、飲酒運転による事故件数が減っていない、という記事が出ている。2014年7月(小樽)、2015年6月(砂川)と飲酒運転による大事故が2年連続で起きて以降、飲酒運転撲滅の啓発が強化されているのに効果が出ていない、と言いたいらしい。  飲酒運転の摘発件数、事故件数の数も重要だが、当事者たちがどこで飲み、どこに住んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成29年1月1日

​ 新年が明けた。今年は平成29年、西暦2017年、皇紀2677年、昭和からの通算だと、昭和92年。  毎年恒例の「朝まで生テレビ元日スペシャル」を何とは無しに見ていたら、天皇の生前退位を一代限りの特措法とすべきか否かについて、喧々諤々の議論をやっている。天皇や皇族の存在そのものが法の下の平等に反すると考える私からすれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カジノ合法化・・・国民の不幸で金儲けをする国へ

 カジノ法案が異様な性急さで成立が確実な情勢である。コトを急ごうとする推進勢力らの思慮の浅さと、反対する側の本質的問いかけのなさ、相変わらずの国民の関心の低さに、深い溜息を吐く。  私は、カジノ(賭博場)合法化に反対である。なぜなら、それは「人の不幸をネタに金儲けをするビジネス」だからである。  詳しい説明は必要あるまい。賭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新モバイルノート ASUS Vivo Bookを購入

 出張旅用に、新しいモバイルノートを買った。ASUSのVivo Book E200HA-Z8350。私にとっては、4年前に買ったHP Mini 4120TUの後継機だ。  HP Miniも悪くはなかった。だから、メモリを2GBに増設したりHDDをSSDに換装したりして、4年の長きにわたり使って来た。が、10.1インチ、1,024×…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃止間近の留萌線・記念乗車の旅へ

 2週間後に廃止となる留萌線乗り納めの日帰り旅をしてきた。クルマで深川まで行き、深川発増毛行き普通列車4925Dに乗る。12月4日に廃止になるのは留萌線の留萌〜増毛だが、深川〜留萌も利用低迷のためJRが廃止バス転換を提案しており、近々廃止されることは間違いない。留萌線を完乗する最初で最後の機会と思い、深川まで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JR北海道の維持困難路線「弱者を切り捨て」てきたのは誰か?

JR北海道の不採算路線整理の話、「国による地方切り捨て、弱者切り捨てだ」という声が上がっているが、半分正しいけど、半分間違っていると思う。 地元の町長や住民たちは、目の前の鉄道が膨大な赤字を垂れ流しながら走り続けるのを、何十年もだまって見続けてきたのである。「いつか廃止だよね」「なくなったら困る人がいるよね」と言いながら。なぜなら…

続きを読むread more

JR北海道の断末魔~「単独維持困難」発表に思うこと

 ついにJR北海道が、不採算路線の大幅整理の大方針を正式発表した。10路線13区間が「単独で維持することは困難」。うち3線区はバス転換による路線廃止、残る10線区は上下分離方式による存続を地元と協議するのだという。路線のざっと半分が整理対象となる、未曾有の大転換である。  発表された内容自体は、今年の夏頃からチラホラと先行報道され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不便な札幌市電・・・必要なのは増発だ

 あすの祝日を前に久しぶりに早めに帰宅し、ぼんやりと地元テレビ局のニュースを見ていたら、札幌市電の問題を特集していた。札幌市電の一部停留所では、電車待ちの乗客が停留所内に並びきれずに車道にはみ出すほど混雑していて危険だ、という問題。列がはみ出す理由は、乗車位置が車両の中央ドアの位置に合わせて停留所の中央にあるため、停留所の有効長の半分ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道・不採算路線「切り捨て」に思うこと

 JR北海道による不採算路線整理の行方が、大きな議論になっている。今年7月に「存廃論議の対象となり得る路線(輸送密度2000人未満路線)」が公表されたのに続き、先日には「札沼線(北海道医療大学~新十津川)」「留萌線(深川~留萌)」「根室本線(富良野~新得)」について、バス転換に向けた地元協議に入ることが報道された。  感想が二つあ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

札幌ドームと札幌市営地下鉄

 前例の無い方式を採用し、開業当初は大いに自慢し、各方面から称賛されたものの、年数が経過してみると維持費がかさみ、デメリットがあらわになって苦悩する・・・「日本初」(そして地下鉄道としてはいまだに「日本唯一」)のゴムタイヤ案内軌条方式を採用した札幌市営地下鉄と、どこか似ている話ではないだろうか、と思う。札幌ドームの話である。同所を本拠地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市電・・・ここが不便

 札幌市電の運賃が、170円から200円に値上げされるのだそうだ。正式には値上げに関する条例が市議会を通って決定ということになるが、既に市議会の市営企業調査審議会交通部会が値上げを承認しており、事実上決まったと見て間違いない。きのうは札幌市議会の本会議場で、値上げに関する聴聞会が開かれた。  聴聞会とは、市民生活に関わりの深いテー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

蓮舫氏の国籍問題に垣間見える、世にもUGLYな差別根性

 代表選はやりなおし・・・という声が民主党内から上がっているのだそうだ。なんというアホらしさ。べつに蓮舫氏を応援したいわけじゃないが、二度も選挙に当選し、選管が「(日本国籍を有しているのだから)問題なし」としてきた人物じゃないか。説明が二転三転したのは本人の脇の甘さだとしても、「代表候補となる資格に問題なし」と、どうして堂々と言えないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more