長崎にて~あのとき、あれは止められた

 被爆70年に合わせ、長崎に行ってきた。街中は、観光客とこれに合わせた各種行事に参加する人たちでいっぱいだ。バスも、電車も。被爆体験を語り継ぐ活動をしている人に何人か会ったが、高齢化と体験の風化は広島と共通する悩みのようだ。特に長崎市は、学校の教室で被爆体験を語ったり原爆投下を教材とすることが市教委の方針で長らく御法度だった時期があると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苫小牧沖のフェリー火災事故について

 苫小牧沖で発生したフェリー「さんふらわあだいせつ」の火災事故。消化に当たった乗員1名が行方不明という大変不幸な事態になっているが、1万トン級の大型船が内部全焼、総員退船という事案の深刻性を考えれば、乗客に1人のけが人も出さずに到着できたというのは、奇跡に近い結果だと思う。船長の適切な判断・指揮と乗員の迅速な避難誘導の成果であり、それ事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20xx年・・・未来の歴史教科書

 「戦争法案」(安保関連法案)が衆議院の特別委員会で強行採決された。あすの本会議も強行採決、参院も強行採決で、9月中旬には晴れて「戦争関連法」として成立することだろう。  この先、何が起こるか。20xx年・・・未来の教科書に書かれていそうなことを想像して、次のようなことを書いてみた。 ■海外派兵の再開と実質改憲  日本は戦…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ガソリンの携行缶販売について

 今回の事件を契機に、ガソリンの携行缶販売には何らかの規制をかけるべき、という議論が出てきてもおかしくないのではないだろうか、と思っている。(写真はウィキペディアより転載)  冷静に考えればわかるが、ガソリンはとんでもない危険物だ。市民が普通に入手できる可燃物としては、危険度が図抜けて高い。揮発させると、特にヤバい。今回の件は、衝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄道は本質的にテロに無力な乗り物なのだ

 きのう新幹線電車内で起きた放火自殺事件について。鉄道という乗り物は本質的にテロに無力だ。地下鉄サリン事件でも証明済みである。そのことに、自覚的であるべきだと思う。  詳しくは書かないが、「本気の悪意」があれば、列車を大量殺戮の場とすることはそう難しいことではなく、現状の鉄道の利便性と料金の低廉性を維持するという前提に立つ限り、そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道・・・「留萌線廃止」報道に思うこと

 ふるさと北海道のネタである。JR北海道が留萌線の一部(増毛~留萌)を廃止する方向で地元と調整・・・というニュースが流れた。  一昨年の不良レール放置の発覚以来、安全投資を優先させるため地方の超赤字路線の維持は難しくなるだろうと思っていたが、その通りになった。前々からわかっていたことだけど、北海道の全長2400kmの北海道の鉄道の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線の指定席は案外面倒・・・というハナシ

 あすからの土日は金沢で会議なので、きのう新幹線の切符を買おうとしたら、指定券がまったく取れない。いや、あることはあるが、希望の時間帯で取れない。北陸新幹線の開業ラッシュによる需要集中を、なめていた。後悔と反省。  前々から予定が決まっていた出張なのだから、早々に確保しときゃよかろうに、と言われればその通りなのだけど、新幹線はいつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄にて・・・慰霊の日を前に

 週末、また沖縄に行ってきた。今年3回目の沖縄訪問。沖縄戦の終結から70年となる「慰霊の日」の時期と会議参加が重なったのは偶然だが、日曜昼に会議が終わり、復路便出発までの時間を利用し、糸満市の平和祈念公園までレンタカーを走らせた。  11年ぶりの訪問となる平和祈念公園は、23日の「慰霊の日」を2日後に控え、おごそかな空気に包まれて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

那覇空港の重大インシデントについて

 きのう那覇空港で起きた二重インシデント、ヒューマンエラーがよくもここまで重なるものだ、と思った。  まず、航空自衛隊のヘリである。他機(ANA機)への離陸許可を自機(自衛隊機)へのものと勘違いするなんて、あり得ない。ヘリには少なくとも正副2人の操縦士がいたはずで、整備員や通信員も同乗していれば、その者も管制との無線交信を聞いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄へ・・・本土復帰の日を前に

 また沖縄に来た。今回は、あすの「本土復帰の日」に関連した用向き。5月の沖縄訪問も、これで3度目になる。  政府が強行する辺野古の基地建設に「NO」の声を上げ、工事を止めさせるため、今年も沖縄の温度は熱い。  前から書いていることだけど、突きつけられているイシューはそう難しいことではない。中央政府が進めようとする基地建設とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレジットカード犯罪に遭う(未遂)

 クレジットカードに注意! という話。  きのう夕方、カード会社から携帯電話に連絡があった。「前日深夜から翌未明にかけ、海外のショッピングサイトから大量の決済申請がありました。不正使用の疑いが強いと判断して決済保留し、カード利用を停止しているので、ご本人による利用かどうか確認させてください」とのこと。  申請があったとされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EOS7Dmk2 ついに購入

 EOS7Dmk2を、ついに買った!  EOS7D登場から5年。動画撮影を含めたAF性能の大幅性能向上を軸に、ありとあらゆる新技術をここぞとばかりに投入した、「新モンスター」が去年秋に登場。心が動かぬわけがない。私がEOS7Dを購入してからも、ちょうど5年が経過した。元々、5年程度で後継機が出ることを想定してコツコツと購入資金を貯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日に思うこと

 憲法記念日を前に、写真のような本が書店で平積みにされていた。池上彰氏の「超訳 日本国憲法 (新潮新書) 」。売れているらしい。  昨年12月の総選挙で安定多数を得たのをいいことに、選挙戦でまったくといいほど触れていなかった憲法改正に対し、前のめり感が満々の自民党安倍政権。来年夏の参院選は、憲法改正発議が可能な3分の2を自民・公明…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

学校を休んで親と旅行・・・子の教育責任は親にある

 「ゴールデンウイーク」が始まった。国民の多くが一斉に休日を取り、道路も交通機関も行楽施設も大混雑で料金がバカ高になるという、忌まわしき1週間。皆が一斉じゃないと休めない、個人が好きずき、好きな時に休みを取ることが許されないこの国の貧困の象徴だと思う。ゴールデンウイークなぞ消えてなくなれ、と悪態をついたことがあるが、その思いは今も変わら…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

広島空港で起きたアシアナ機事故について

 広島空港で起きたアシアナ機の事故、けさの新聞にわかりやすいイラストが出ていたので、拝借させていただく。(写真右)  これによると事故機は、滑走路末端(Threshold=スレッショルド)から325m手前にある、高さ6mの構造物(着陸誘導用無線設備/DMEのことか?)に接触しているのだそうだ。あり得ない! 自殺行為! 高度を下げ過…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

<速報>広島空港でのアシアナ機事故について

 深夜に帰宅して、録画しておいたニュースを見て、広島空港でのアシアナ機の事故のことを知った。ずっと会社にいて、テレビもラジオも点いていたのに速報が鳴った記憶がない。携帯電話にも速報が入って来ていない。ただちに速報すべき内容と思うが、どうしたのだろう・・・。  それはさておき、TBSのニュース(取材はRCC中国放送)で流れていた乗客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっくに死に絶えているこの国の民主主義を再確認した統一地方選の結果

統一地方選挙、各地で自民党系知事選挙が圧勝という選挙結果、沖縄で起きていることと結びつけてどうしても考えてしまう。 あれは、政府が沖縄に対し強圧、強行、民意無視の姿勢を取り続けていることの結果、なのではないかと私は思う。政府が沖縄に対して取る態度から発せられるメッセージ。それは、政府の意向に歯向かってもダメなんだ、地方に自分たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・・・真冬の寒さ!

 寒い!  きょうの東京、予想最高気温8度、日中の最高気温が5度という、真冬の寒さ。しまい忘れていた真冬のコートを着て出勤した。1〜2月の札幌で着ているあったか〜いヤツ。  それにしても、4月で5度と言ったら札幌だって寒い。いくらなんでも寒過ぎだべ(北海道弁)。そう思って出勤途中の通勤電車内で気象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命の重さ・・・戦艦大和と重巡インディアナポリス

 きょうは戦艦大和の沈没から70年の日だ。  沖縄に来襲した米軍艦隊を迎え撃つために出撃したものの、途中で米軍機の猛攻撃を受けて撃沈され、大和だけで約2700人、随伴艦を含めると約3700人が戦死した出来事から、丸70年になる。日本近海の制空・制海権はほぼ米軍の手中にあり、中途で米軍機の攻撃を受けて沈没することが確実視される中での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトはミスを犯す・・・徳島空港重大インシデントについて

 滑走路上の作業車の存在を忘れて管制官が定期便旅客機に着陸許可を出していた5日の徳島空港での一件。管制官、なにやってんだ? という指摘は当然なんだけど、疑問として、滑走路上にいた作業員は管制塔の無線交信をまったく聞いていなかったのか? と思った。    聞いていたら、定期便のジェット旅客機に対して着陸許可が出されたことを認識して、「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

沖縄の新聞事情について

 沖縄の新聞事情は、かなり特殊だ。日刊紙として機能しているのは事実上「琉球新報」「沖縄タイムス」の二県紙のみ。家庭でもオフィスでも購読する新聞はこの二紙以外にあり得ず、書店やコンビニなどでも、一般紙としてはこの二紙以外ほとんど目につかないほどの、強固な独占体制となっている。  沖縄の地理的特性が、この状況の唯一の理由だ。本土から遠…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

辺野古基地建設について・・・政府が話し合う相手はワシントンだ

 けさ、通勤電車内で産経新聞の社説(電子版)を読んでいたら、こんなことが書いてあった。  「軍事力の拡張を続ける中国は海洋進出を強め、尖閣諸島(沖縄県)の奪取をうかがっている。日米同盟を強化し南西諸島の守りを固めなければならない。米軍基地をめぐる混乱は抑止力を損ない、沖縄の安全を危うくする」。  相変わらずこんな妄論を、と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスで起きたエアバスA320機の墜落について・・・その2

 フランスで起きた独エアバス機の墜落事故、26日のフランス検事当局の衝撃的な発表以降、墜落に至る過程が徐々に明らかになりつつある。  現時点で、3つの感想がある。 1. 過去の教訓が活かされていない。  今回の件を「信じられない」「前代未聞」と言う人もいるが、ちゃんちゃらおかしい。似たような事例は過去に起きているのだ。パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「辺野古」でいま、起きていることについて

 ドライブの途中、名護市辺野古のキャンプシュワブゲート前も通りかかった。ゲート前には、目測で200人ほどの反対派の住民が集まり、埋め立て工事の強行と基地建設に対する反対運動を行っていた。めったにない機会なので、邪魔にならない場所にレンタカーを止め、しばらく観察してみた。  運動に参加する住民は「埋め立てやめろ」などとシュプレヒコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の海に思うこと

 那覇で1日過ごした後は、レンタカーで北上し、名護を拠点にドライブ。美ら海水族館では、ジンベイザメの巨体に子どもたちは大興奮。  幸い天候も回復してきて、陽光がきらめき初夏を思わせるような空の下を、本当北部の景色を存分に堪能した。中でも、強く印象に残ったのは、海の美しさだ。サンゴが遠浅の岩礁を形成する沖縄の海岸は、日光が海底のサン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

首里城にて

 沖縄に来ている。今回は、子どもたちの春休みに合わせた家族旅行。3月末の沖縄はもう海水浴シーズンが始まっていて、東京の初夏のような天候、と聞いていたが、期待のわりには、けっこう寒い。風が強く外で半袖は辛かったりとか。春の天候が年によって振れ幅が大きいのは全国共通ということだろうか。  沖縄が初めてという子どもたちのために、那覇の定…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フランスで起きたエアバスA320機墜落について

 フランスで起きた独エアバス機の墜落事故、報道されている情報を総合すると、機体はコントロールされた状況下、一定の速度と降下率をほぼ保ちながら、アルプス山中に激突した可能性が高くなっている。Flightradar24が公開している飛行データから、それがわかる。発生当日のテレビや翌日の新聞では、破壊や爆発、操縦不能や失速ではああいう落ち方に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古の基地建設をめぐり、これから起きるであろうことを想像してみる

 沖縄県の翁長県知事が、辺野古の基地建設のための作業を停止するよう、沖縄防衛局に対し指示した。だが、政府は指示に従わず、作業を続ける方針だという。選挙で選ばれた行政の許認可権者の指示を無視するという異常事態。蛙の面に小便とは、このことだ。予想はできたことだが、県と国とが正面衝突するという、憲法も地方自治法も、この国の法体系が「想定外」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タバコと飲食店の禁煙について・・・思うところを記しておきたい

 今週某日のランチタイム。ピークもとうに過ぎた午後2時近く、某チェーン店に入って「禁煙席」と告げたところ「喫煙席しかない」と言われた。しょうがないか、と思い案内されたカウンター席に座ろうとすると、隣の男性客がもうもうと煙を上げている。一気に食欲がなくなり、その場を辞して店を出て来てしまった。  煙への耐性が急に落ちてる自分に、少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当にさよなら・・・寝台特急・北斗星ラストラン

 最後の定期運転となる北斗星を見送ってきた。先月の上野~札幌の旅で自分の中でケリは付けたつもりでいたけど、最後の様子はやはり見ておきたいと思い、仕事を終えて上野駅へ。  午後6時半ごろ上野駅に着いたが、ものすごい混雑。発車ホームは規制がかかっていて、列車に近づくことはできそうにもない様子だ。もっと早く来るべきだったのだろうが、仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more