テーマ:旅・海外(北米)

スリーマイル原発で、有事に備えた記者対応訓練を経験した

 16年前、アメリカ・ペンシルベニア州のエリザベスタウンという町の大学で、1年弱の交換留学生活を送った。この町は、炉心融容事故で有名なスリーマイル原子力発電所があるミドルタウンの、隣町だ。空港に着陸する直前、窓から巨大な発電所が見えて驚いたことを、鮮明に覚えている。  ある日(日記帳によれば1995年4月12日)、この原発を運用す…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

これが「本場」アメリカのハンバーガー

 日本でも本格ハンバーガーを出す店が増え、マクドナルドのニセモノぶりが誰もが知るところとなる日も近いと思うが、マックが「”本場”アメリカ」と宣伝で謳う、かの国のハンバーガーがどんなものか。私の旅写真からご紹介しておきたい。  まずは、ホノルル・ワイキキビーチにある人気店「チーズバーガー・パラダイス」。店名のとおり、チーズたっぷりの…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

■アメリカ25日目~ボストン→シカゴ→東京→札幌

【7月30日(米東部時間)】  いよいよ帰国だ。午前5時半に起きる予定が、目が覚めたら6時半。げーっ。慌てて服を着て、ホテルを出る。ちゃんと目覚ましをセットしたはずなのに。  6時40分、ホテルをチェックアウト。車で空港へ。フライトが9時10分だから、不測の事態さえなければ、十分余裕がある。空港まで、道に迷うこともなくス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■再びシカゴ空港

【7月30日(米中部時間)】  10時45分、定刻にシカゴ着。ボストンとの時差は1時間。乗り継ぎのJAL便は12時15分、1時間半しかないのに、ターミナルを移動し、セキュリティを再度通らなくてはならないのは、かなり大変だ。ろくに買い物もできない。  セキュリティ、再チェックインを済ませ、ラウンジに飛び込み、書きかけのエア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■アメリカ24日目~コネチカット⇒ボストン

【7月29日(米国東部時間)】   昨日は午後10時には就寝、けさ午前8時過ぎに起床。長時間フライトと時差で、かなり疲労している。  起きてメールを開くと、ホノルルで別れた研修仲間2人から、さっそくメール。  きょう午前はコネチカット州ウッドストック周辺を撮影。午後は帰国に備えてボストン空港近くのホテルに移動する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■シカゴ

【7月28日(米国中部時間)】  ホノルルから約12時間のフライト。満席のB777のエコノミー席は、かなりの苦行だった(アメリカの主要航空会社のYクラスのシートピッチは、日本の航空会社よりも狭い)。  午前5時15分にシカゴ空港に到着。ホノルルから約8時間、時差は+4時間。約1時間の乗り継ぎ待ち。早朝だといのに、かなりの乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■アメリカ16日目~FBI・バークリー

【7月21日(米太平洋時間)】  いつものように午前6時半ごろ起床。東京にいる妹とチャット、など。午前7時45分、2ブロック先のクリーニング店まで、預けてあるシャツを受け取りに行く。シャツ4枚で4ドルちょっと。安い。その後、ホテル隣の中華屋で食事。海老粥とコーヒー。  午前8時半、いつものようにバンで出発。9時、国際問題に取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ドアクローズまでは携帯使用可

 アメリカの飛行機に乗って驚くのは、電子機器使用ルールの違い。機内に入っても、乗降用ドアのメインドアがクローズするまで、携帯電話を含む、電子機器使用が許可されている。だから、機内に入ると、あっちでもこっちでも、携帯で話している様子が見られる。到着時も、ブロックインするや否や、携帯で話し出す人がいる。  航法機器の使用はエンジンを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

■ケーブルカー

【7月20日(米太平洋時間)】  ダウンタウンからフィッシャーマンズワーフの往復で、ケーブルカーを堪能。  観光客に大人気のケーブルカーだから終点から乗ろうとすると1時間近く待たなくてはならないが、待たずに乗るには途中まで歩き、途中の停留所から飛び乗るのがコツ。  ステップに立ち、風に吹かれながら乗るのが最高。急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■アメリカのほとんどのホテルには冷蔵庫がない

【7月20日(米太平洋時間】   アメリカのほとんどのホテルには部屋に冷蔵庫がない。料金が高いホテルであればあるほど、こういう傾向がある。代わりに、無料の製氷機が、各フロアにある。(安ホテルは数フロアに1か所)   一日の終わりの冷えたビールを最大の楽しみの一つにしている者はどうするかというと・・・、写真のようにする。出かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■アメリカ11日目~コロラド→カリフォルニア

【7月16日(米山岳時間)】  6時、起床。きのうまで快調につながっていたインターネットがまったくつながらなくなった。ワイヤレスポイントには到達しているのにログインできない。理由は不明。完全無料アクセスのはずのロビーでもだめ。ホテル職員に聞いても「呼称はしていない」と言うだけ。あきらめよう。朝食はホテルの売店でツナサンド(5ドル)、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

■サンフランシスコ

【7月16日(米太平洋時間)】  サンフランシスコに、いま到着。いよいよ長旅も後半戦だ。  遅れていた日記、徐々にアップします。写真も追加する予定。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■アメリカ10日目~空軍士官学校

【7月15日(米山岳時間)】  きのうの早寝のおかげで、午前6時、起床。午前8時半、出発。午前9時、コロラド大学コロラドスプリングス校へ。大学・大学院の「Homeland Security」コースについてレクチャー。修士課程、博士課程ともに、この分野のアカデミックな専門知識に対する需要が高まっている・・・という話。  午…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

■平均的アメリカ住宅とは・・・

【7月14日(米山岳時間)】  ホテルで約1時間休憩して、ホームホスピタビリティ(ボランティアの夕食招待)。きのうのHTL-INも遅かったし、けさも7時半出発でびっちり日程が入っていたのだから、夕方からさらにスケジュールは勘弁してくれ・・・というのが本音なのだが、せっかく厚意でこういう機会を設けてくれているのだ。間違っても不平は言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■アメリカ9日目~パターソン空軍基地

【7月14日(米山岳時間)】  午前7時半に集合・・・前日のHTL-INが20時だったのにこの出発時間はきつい、と思っていたが、なんと午前6時半には目が覚めてしまった。前日早寝したせいなのだろうけど。シャワーを済ませ、部屋でゆっくりコーヒーを、と思ったが、コーヒーメーカーのスイッチが入らない。「壊れている!」と大きく張り紙をして部屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■NYC~コロラドスプリングス

【7月13日(米東部時間)】  12時半、NYC・LGA空港。AA751(定刻14:25・B737-800)でダラス・フォートワース(DFW)へ。UTC1825(現地時刻1425)ブロックアウト、1845離陸、2207DFW着陸、2215ブロックイン(現地時刻16時15分)。所要時間3時間50分、飛行時間3時間22分。続いてAA11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■アメリカ7日目~大渋滞の中NYCへ移動

 午前7時45分、起床。8時40分、チャーターバンでニューヨークへ出発。途中何度か渋滞に巻き込まれ、NYC到着は15時30分。2度のトイレ・食事休憩を含め、5時間50分。渋滞がなければ4時間かからない距離と聞いていたが・・・。  チェックイン後、付近を散策&夕食。20時、グループ全員でミュージカル「マンマミーア」を鑑賞(「文化体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■今もトップガン人気~海軍兵学校

 日本の防衛大学校に相当する、海軍の士官養成学校。「海軍兵学校」という名称は、戦前日本にもあった「帝国海軍兵学校」に倣った訳語で、日本語でも定着していることになっているらしい(U.S. Naval Academyを辞書で引くと「米海軍兵学校」と出てくる)が、海軍の士官養成という役割、高卒で入学という学齢、一般大学と同じ4年の就学期間を考…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ3日目~ペンタゴンへ

【前エントリから続き】  午前6時に起床、と言うか自然に目が覚める。しばらくネット、きのうの日記書きなど。午前8時、朝食。けさはコーンビーフとポテトのセットをチョイス。朝からボリュームたっぷりだぞ(写真)。  きょうのメインは米国防総省(ペンタゴン)の訪問。だが、午前中のアポイントが急きょ午後に変更になり、午後の予定を午前に変…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

■アメリカ2日目~レクチャー・レクチャー・レクチャー

【前エントリから続き】  きのう、日記書きで夜更かしをしてしまったので、起床は7時半過ぎ。きょうは10時出発なので、少しゆっくりできる。8時過ぎ、朝食に降りて行ったら、きのうとは打って変わって、ちゃんとクーポンをチェックされ、テーブルに案内され、メニューが出てくる。「きのうのコンチネンタルブレックファストは、電気工事の都合でした。きょ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

■1990年代末のガソリンの値段

 ハードディスクに残っていた写真・・・これは、1998年末~1999年初頭にアメリカを訪問したとき、スタンドが表示していたガソリン価格。確か、ペンシルバニアの田舎でドライブ中に撮影したのだと思う。レギュラーガソリンが、92.9セントだった。  単位はもちろん、ガロン(約3.8リットル)。当時のレートは1ドルが118円くらいだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワシントンに到着

【前エントリからの続き】  ワシントン行きの便はほぼ定刻でブロックアウトしたが、滑走路がひどい混雑。動き出した途端にウトウトし始めたのでよくは覚えていないのだが、「当機の先に何機待ってる」なんて、機長が何度かアナウンスしていた。離陸した時には、ブロックアウトからほとんど1時間経過していた。  当然、ワシントン到着も遅れる。定刻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満15歳未満は一人では乗せられません

  ニューヨークJFK空港でワシントン行きに乗ろうとしていたら、ゲートで女性係員に呼び止められた。「英語を話せるか?」と言うので「Yes」と答えると、「通訳してほしい」とのこと。カウンターの横で小学生くらいの日本人の少年が車椅子に座らせられ、しょんぼりとしている。  係員が言う。「モントリオール行きの搭乗券を持っているが、彼がな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

JFK空港経由でワシントンへ向かう

 定刻より少し前に、ニューヨークJFK空港に到着した。席が後方なので、ほぼ一番最後に降りて入国審査場まで来たら、私の名を書いた札を持った女性が待ち構えていた。ここで出迎えがあるとは聞いてないが・・・入国審査場まで入ってくるのだから、怪しいものではあるまい。  国務省の職員で、ワシントン行きの乗り継ぎまで手伝う、とのこと。領事館を…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more