テーマ:時事ネタ

時速140km/hの最速気動車・・・夢破れ解体

 地元紙の朝刊に載った記事が目に付いた。JR北海道が時速140㎞/h運転を目指して開発していた特急用新型気動車の試作車(キハ285)が苗穂工場で解体作業中なのだという。  キハ285は、2006年に基本技術の開発が始まり、2014年に川崎重工で試作車が製造され、JR北海道に納入された。キハ281/283で確立した制御式振り子とキハ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日高線のDMV構想について・・・否定的感想をつらつらと

 JR北海道が廃止・バス転換するとしている日高線の沿線町村会が、バスではなくDMV(デュアルモード・ビークル)への転換構想を、この週末に急に持ち出してきた。日高線の一部区間は高波で路盤が崩落して不通状態となり、JR北海道は復旧を断念して路線全体を廃止してしまいたい考えだが、沿線町村会としては、線路・道路の両方を走行できるDMVの利点を生…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大スクープ事件の予感・・・オスプレイのフライトマニュアル流出

 3日発売の「週刊金曜日」に、MV-22オスプレイのフライトマニュアルの内容がスクープされているという。てっきり、アメリカ本土の情報公開制度で入手でもしたのかと思って書店で手に取ったら、実物の写真入り。しかも去年12月に沖縄で不時着大破したMV-22から流出漂着したものだという。  ヤバいよ、これ。直感的にそう思った。  フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲酒運転の背景にあるものに目を向けよう

 きょうの地元紙に、飲酒運転による事故件数が減っていない、という記事が出ている。2014年7月(小樽)、2015年6月(砂川)と飲酒運転による大事故が2年連続で起きて以降、飲酒運転撲滅の啓発が強化されているのに効果が出ていない、と言いたいらしい。  飲酒運転の摘発件数、事故件数の数も重要だが、当事者たちがどこで飲み、どこに住んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カジノ合法化・・・国民の不幸で金儲けをする国へ

 カジノ法案が異様な性急さで成立が確実な情勢である。コトを急ごうとする推進勢力らの思慮の浅さと、反対する側の本質的問いかけのなさ、相変わらずの国民の関心の低さに、深い溜息を吐く。  私は、カジノ(賭博場)合法化に反対である。なぜなら、それは「人の不幸をネタに金儲けをするビジネス」だからである。  詳しい説明は必要あるまい。賭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の維持困難路線「弱者を切り捨て」てきたのは誰か?

JR北海道の不採算路線整理の話、「国による地方切り捨て、弱者切り捨てだ」という声が上がっているが、半分正しいけど、半分間違っていると思う。 地元の町長や住民たちは、目の前の鉄道が膨大な赤字を垂れ流しながら走り続けるのを、何十年もだまって見続けてきたのである。「いつか廃止だよね」「なくなったら困る人がいるよね」と言いながら。なぜなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道の断末魔~「単独維持困難」発表に思うこと

 ついにJR北海道が、不採算路線の大幅整理の大方針を正式発表した。10路線13区間が「単独で維持することは困難」。うち3線区はバス転換による路線廃止、残る10線区は上下分離方式による存続を地元と協議するのだという。路線のざっと半分が整理対象となる、未曾有の大転換である。  発表された内容自体は、今年の夏頃からチラホラと先行報道され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR北海道・不採算路線「切り捨て」に思うこと

 JR北海道による不採算路線整理の行方が、大きな議論になっている。今年7月に「存廃論議の対象となり得る路線(輸送密度2000人未満路線)」が公表されたのに続き、先日には「札沼線(北海道医療大学~新十津川)」「留萌線(深川~留萌)」「根室本線(富良野~新得)」について、バス転換に向けた地元協議に入ることが報道された。  感想が二つあ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

札幌ドームと札幌市営地下鉄

 前例の無い方式を採用し、開業当初は大いに自慢し、各方面から称賛されたものの、年数が経過してみると維持費がかさみ、デメリットがあらわになって苦悩する・・・「日本初」(そして地下鉄道としてはいまだに「日本唯一」)のゴムタイヤ案内軌条方式を採用した札幌市営地下鉄と、どこか似ている話ではないだろうか、と思う。札幌ドームの話である。同所を本拠地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓮舫氏の国籍問題に垣間見える、世にもUGLYな差別根性

 代表選はやりなおし・・・という声が民主党内から上がっているのだそうだ。なんというアホらしさ。べつに蓮舫氏を応援したいわけじゃないが、二度も選挙に当選し、選管が「(日本国籍を有しているのだから)問題なし」としてきた人物じゃないか。説明が二転三転したのは本人の脇の甘さだとしても、「代表候補となる資格に問題なし」と、どうして堂々と言えないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

911から15年

 9.11の同時多発テロ事件からから15年になる。ここからアメリカは「テロとの闘い」は世界に宣言し、アフガニスタンやイラクで戦争を始めたが、テロは激増し、世界は混迷の度を深めたのは承知の通り。  この事件の後、「世界が変わった日」というシリーズ特集を、あるテレビ局がやっていた。まさに、そのとおり。この事件の前と後で、世界は大きく違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「四島返還」論では領土問題は永久に解決しない

 「鈴木宗男 VS 竹田恒泰「北方領土問題」について激論を交わす」という記事を、たまたまネットで見つけた。  この人物を全肯定してるわけではないが、この件に関しては、鈴木宗男の主張に筋目があるように、私は思う。 「サンフランシスコ講和条約に日本が署名したとき国後・択捉は放棄している。そのあとで外務省が国後・択捉も日本のものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道東特急、12月まで不通

 台風10号による土砂災害で根室本線の橋梁や路盤に甚大な被害を受けたJR北海道は、特急「スーパーおおぞら」(札幌~釧路」「スーパーとかち」(札幌~帯広)の復旧時期を「12月」と発表したのだそうだ。  前に書いたこととも重なるが、千歳線の札幌~新千歳空港や函館本線の札幌~小樽で同じような災害が起きても、こうして4か月も不通にするのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石北本線数か月寸断・・・に思うこと

 北海道では、先週から今週にかけ、1週間に3つの台風(7号、11号、9号)が立て続けに上陸するという、異常な事態となった。犠牲者こそ出ていないものの、川の氾濫による田畑の浸水、土砂崩れによる道路や鉄道の寸断など、被害は大きい。中でも気になったのが、JR石北本線(報道等では石北線と表記)の線路被害である。  けさの新聞によるとJR北…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

天皇”生前退位”の「お気持ち」について

 前にも書いたが、この生前退位という話は、天皇の権威強化を狙う別筋の「ご意向」が背後にあるように思えてならない。キナ臭い話だ。  天皇制を否定まではしないが、天皇が権威者のように振る舞い、国民がそれを「崇め奉る」状況というのは、どう考えても不健全だ。何よりも、法の下の平等に反する。  しょせん「ただの人」である。万世一系の皇…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

生前退位は官邸の「ご意向」、狙いは「改憲」・・・ではないのか?

 きのう夜NHKが、「天皇陛下 生前退位の意向」とスクープした。テレビ・新聞とも、すぐさま後追い。案の定、きょうのテレビは「生前退位」一色と言っていい状況だ。あれほど話題の都知事選も、すっかりかすんだ感がある。  それにしてもわからないのは、天皇の「ご意向」とやらを、いったい誰が、どのように公にし、それは誰の意を受けてのものである…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

都知事選の鳥越俊太郎候補をどう考えるか

 参院選が終わったばかりなのに、メディアの関心事はすっかり都知事選だ。ニュースが消費されるのは何と速いものか、と思う。あと少しすれば、民進党が救いがたい敗北を喫したことも、投票率が相変わらず記録的に低いことも、憲法改正発議がやろうと思えばいつでもできる状態になっていることも、メディアも国民もきれいさっぱり忘れてしまうのではないだろうか、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本国憲法が「死んだ」日

 2016年7月10日(11日未明)は、改憲に事実上の青信号がともった日、日本国憲法が死んだ日、として記憶に留められることになるだろう。  参院選の結果、自民・公明ほか、即時改憲を是とする勢力が衆参両院の3分の2を占め、憲法改正の国会発議が可能となった。選挙期間中、憲法にはまったくと言ってよいほど触れなかった安倍自民党だが、これを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

総理がダメなら都知事がある・・・?

 次の東京都知事選挙には残念ながら投票できそうにないのだが、つい最近まで東京都民だった者として、都知事選には関心を持っている。  きのう流れた、小池百合子衆院議員の出馬のニュース。安倍内閣でカラカラに干され、すっかり「過去の政治家」と化していた小池百合子が返り咲きを狙ったのが都知事の座だった、そういうことなのだと思った。このまま自…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

舛添要一都知事のファーストクラス批判をめぐって

きのう自宅でTBSのN23をたまたま見ていたのだが、生出演している舛添知事を前に海外出張でのファーストクラス使用をネチネチ批判していたのが、ひどく見苦しく思えた。ビジネスクラスで十分だの、アップグレード分は自分で払えだの、自腹で海外に行くならファーストクラスに乗るのか、などなど。 うるせぇ、余計なお世話だ! と思った。庶民面すれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「稲葉事件」は終わらない

 地元北海道の、気になるニュース。  道警元警部による「おとり捜査」で逮捕され、有罪確定・服役したロシア人の再審が決定したのだそうだ。再審事件は無罪となる可能性が高いから、再審開始が決定したということは、裁判所が道警の捜査手法に対してはっきりとノーの意思表示をしたということだろう。  事件を首謀した捜査官とは、2002年に覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮の森コンドミニアム問題・・・「旅館業を行うことは一切ございません」と何度言われても

 既に何度も書いてきた、札幌・宮の森の中国系企業によるコンドミニアム建設にかかわる問題だが、今日付で開発元企業・海潤(ハイルン)社のホームページには「宮乃森プロジェクトについて」という説明文が掲載されていた。  内容は、「旅行者が滞在するための施設として利用するのではないかとの指摘を受けているが、ご購入者自身が利用する分譲マンショ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

宮の森コンドミニアムの何が問題なのか

 札幌・宮の森で中国企業が建設中のコンドミニアム(分譲マンション)に関する記事を掲載して以来、多くの反響をいただいている。現地では、このことに関心を持つ住民も増え、問題点の共有が少しずつ進みつつあるようだ。新たにこの件に関心を持つ人も多いので、これまでの経緯と論点を簡単にまとめておきたい。  この問題は、中国系のメディア企業・海潤…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

短期滞在でも「賃貸契約」・・・違法の疑いが強いウィークリーマンション

 ホテル不足でウィークリーマンションに泊まる人がいるが、旅館業法違反施設である可能性が高い・・・という話を先日書いたのだが、気になったので少し調べてみた。現時点でわかる範囲では、「ウィークリーマンション」「マンスリーマンション」と呼ばれる物件の少なくとも一部は、旅館業法上必要な営業許可を受けていない違法宿泊施設である疑いが強いと、私は思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月7日・・・「北方領土の日」に思うこと

 きょう2月7日は「北方領土の日」だ。1855年、江戸幕府と帝政ロシアとの間で日露和親条約が締結され、日露の国境線を択捉島とウルップ島の間と確定した日に由来するのだそうだ。  札幌の雪まつり会場では北方領土問題のブースが設けられ、毎年署名運動が行われている。ところで、この返還運動に際して当たり前のように語られる「四島一括返還」とい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

札幌にて・・・ホテル不足で偽装宿泊営業が横行しているらしい

 札幌に来ている。1年で最もホテルが混み合うという、「さっぽろ雪まつり」の期間だ。この時期のホテル不足のひどさは前にも書いたことがあるが、この1~2年で状況はさらに悪くなっている。雪まつり期間にホテルを取ろうとしても、ホテルの直営予約サイトや楽天トラベルなどの宿泊サイトを使っていては、半年前でも9か月前でもダメ。「満室」「予約を受け付け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

海潤社・ホームページを閉鎖~宮の森コンドミニアム問題

 先日も書いた、札幌・宮の森のコンドミニアム計画の件だが、開発に当たっている中国企業「海潤社」のホームページが、きょう午後6時現在、閉鎖されていることがわかった。開こうとしても「このウェブページにアクセスできません」と出るので、ホームページのデータごと削除してしまったようだ。  海外の富裕層にロングステイを満喫してもらいます・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海潤社「ホテルではない」~宮の森コンドミニアム計画

 前から問題点を指摘している、札幌・宮の森でのコンドミニアム「雅殿」について、続報である。「『コンドミニアム』という名称と、開発元企業のホームページの内容からして、同物件は外国人旅行者の一時滞在施設として使われる可能性が高い。そうだとすれば住宅を偽装した宿泊施設であり、各種法令に違反する疑いが強い」と書いたところ、開発元の中国企業、海潤…
トラックバック:3
コメント:7

続きを読むread more

食品廃棄・・・人倫に反したことをすればするほど儲かる、というハナシ

 岐阜県の産廃処理業者ダイコーが起こした廃棄食材横流し事件について。廃棄物を食品に転用して流通させるなんて言語道断だし、それについてはいかなる弁解の余地もないだろう。  だが、それにしても・・・である。出てくる、出てくる。最初に出てきたカレーチェーンにとどまらず、大手スーパーやコンビニの自社ブランド品、食品メーカーの製品まで、「規…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

運転手の時給892円・・・軽井沢バス事故の背景にあるもの

 軽井沢で大事故を起こしたバスの運転手(死亡)の賃金は、1行程で25,000円だったのだそうだ(毎日新聞などによる)。どれだけ過酷な勤務だったかを想像してほしい。  予定では、午後11時に東京・原宿を出発して、長野県の目的地着が翌日午前7時半。折り返しの出発が午後3時半で東京着が午後9時半だった。勤務はこれだけではない。バスの事業…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more