JL123便の墜落事故からきょうで32年

 JL123便の墜落事故からきょうで32年。  毎年この日になると、読みあさった事故関連本の内容、自分で足を運んだ墜落現場、事故が当時の社会に与えた衝撃の大きさを思い出す。  御巣鷹山の墜落地点に立ったとき、標高1540mの現場の山深さ、地形の急峻さはまさに、「聞きしにまさる」ものだと感じた。ほぼ垂直に感じられるほどの斜面が何百メートルも続き、そこを縫うように登る。平地と呼べるスペー…

続きを読む

稲田防衛大臣発言をめぐって

 6月3日にシンガポールで開かれたアジア安全保障会議で、稲田朋美防衛大臣が「私たち3人には共通点がある。みんな女性で、同世代。そして、全員がグッドルッキング(美しい)!」と発言して会場の失笑を買ったことを、きょう友人からのシェアで知った。  公式な場で女性の外見をネタに何かを語ることは御法度というのが世界の常識なのに、なんたる発言だろうとまず思う。けれども、それよりもさらに問題なのは、この…

続きを読む

共謀罪法が成立~何かが音を立てて崩れて行く

 何かが、音を立てて崩れて行く。私たちが大切にしてこなかった、何かが。  小さな亀裂が遠い昔にでき、そこから水が染みこみ、内部で腐食が進み、ボロボロになった橋脚がついに音を立てて崩れだした、そんな様子を見る思いがする。  ここまで来る前に、針路を少しだけでも修正するチャンスは、何度もあった。このときも、あのときも。けれども、それはなされず、私たちはこの国の独裁的指導者に圧倒的多数を与…

続きを読む

キッズウィーク・・・世にも奇妙な休暇奨励策

 アホも休み休み言えや、と思う。「キッズウィーク」の話である。コレを思いついたヤツって子育ての経験がなくて、自分の学校時代は授業と塾以外のことを何もやったことがないヤツだと思う。  夏冬の休み以外に9連休を作るとなると、運動会や修学旅行に学習発表会、遠足に校外学習や学力テスト、各種行事の調整、中学以上だと文化体育の各種大会や研修、中間テストや期末テスト、さらに受験への影響まで、諸々の調整が…

続きを読む

ILSアプローチ中に山に激突・・・なぜ?

 行方不明だった陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌・丘珠飛行場)のLR-2が、きょう午前見つかった。やはり、山にぶつかって大破しており、北斗市の袴腰山(標高618m)山頂から東に3kmの斜面だそうだ。乗員4人は収容された後全員の死亡が確認された。きのうの時点では、「機体発見まで時間がかかるのではないか」と予想していたが、予想よりは早く見つかった。報道のテレビカメラが地上から撮影しているところを見ると…

続きを読む

不可解な事故・・・陸上自衛隊LR-2が消息不明

 陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌・丘珠飛行場)のLR-2が消息不明になった。状況から見て、墜落した可能性が高い。北海道からの要請を受けて急患搬送のために函館空港に向かう途中、約30km手前の山中でレーダーから消失したという。  報道等によると、現場付近は雲底180m程度と、極端な視界不良だった。雲中飛行で山に衝突したものと推察する。専門用語で言うCFIT(Controlled Flight…

続きを読む

狂気の沙汰・・・辺野古土砂投入ついに始まる

 コバルトブルーのサンゴの海に、貴重な生態系が存置された生命の海に、回復不能な土砂投入だ。「この美しい海を埋め立てるなぞ狂気の沙汰だ」と言い続けてきたが、その「狂気の沙汰」が、ついに実行された。この国は、狂気が支配している。  沖縄の有権者の意思なぞ一顧だにされない現実。それを実行する政権が高い支持率を得ている現実。端的に言えば、これは非沖縄有権者の無関心と、沖縄への差別意識が引き起こした…

続きを読む

引きずり降ろし・・・ユナイテッド騒動から見えること

 我が目を疑った。男性客が男3人に囲まれ、狭い通路を引きずられるように運ばれている。口からは血を流している。「ひどい」「なんてことするんだ」という声が通路に響く。シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行のユナイテッド航空3411便(Embraer 170/登録番号 N632RW/運航会社=Republic Airlines)で今週日曜夜(4日9日/現地時間)起きた出来事は、乗客が撮影した一部始終がネット…

続きを読む

丘珠空港・・・ジェット効果で20万人達成

 丘珠空港の活用について思うところを書きとめておいたら、翌日の新聞にタイムリーな記事が出ていた。丘珠空港の年間利用者数(2016年度)が20万人を超えたのだという。ANA撤退の直後には12.8万人にまで落ち込んだことを考えれば、奇跡の回復と言えるだろう。  とは言っても、20万人というのはANAが丘珠に拠点を置いていた頃の、ようやく半分の数字。ジェットの誘致やいろいろな利用促進策を打って、…

続きを読む

時速140km/hの最速気動車・・・夢破れ解体

 地元紙の朝刊に載った記事が目に付いた。JR北海道が時速140㎞/h運転を目指して開発していた特急用新型気動車の試作車(キハ285)が苗穂工場で解体作業中なのだという。  キハ285は、2006年に基本技術の開発が始まり、2014年に川崎重工で試作車が製造され、JR北海道に納入された。キハ281/283で確立した制御式振り子とキハ261に採用された空気バネ式車体傾斜システムを併用して車体を…

続きを読む

日高線のDMV構想について・・・否定的感想をつらつらと

 JR北海道が廃止・バス転換するとしている日高線の沿線町村会が、バスではなくDMV(デュアルモード・ビークル)への転換構想を、この週末に急に持ち出してきた。日高線の一部区間は高波で路盤が崩落して不通状態となり、JR北海道は復旧を断念して路線全体を廃止してしまいたい考えだが、沿線町村会としては、線路・道路の両方を走行できるDMVの利点を生かし、崩落箇所は一般道を走り、それ以外は鉄路を走行させること…

続きを読む

大スクープ事件の予感・・・オスプレイのフライトマニュアル流出

 3日発売の「週刊金曜日」に、MV-22オスプレイのフライトマニュアルの内容がスクープされているという。てっきり、アメリカ本土の情報公開制度で入手でもしたのかと思って書店で手に取ったら、実物の写真入り。しかも去年12月に沖縄で不時着大破したMV-22から流出漂着したものだという。  ヤバいよ、これ。直感的にそう思った。  フライトマニュアルとは、その機体の操作方法や非常時の対処方法、…

続きを読む

飲酒運転の背景にあるものに目を向けよう

 きょうの地元紙に、飲酒運転による事故件数が減っていない、という記事が出ている。2014年7月(小樽)、2015年6月(砂川)と飲酒運転による大事故が2年連続で起きて以降、飲酒運転撲滅の啓発が強化されているのに効果が出ていない、と言いたいらしい。  飲酒運転の摘発件数、事故件数の数も重要だが、当事者たちがどこで飲み、どこに住んでいるかも調べて公表するべきだと思う。交通不便な地域に偏在してい…

続きを読む

カジノ合法化・・・国民の不幸で金儲けをする国へ

 カジノ法案が異様な性急さで成立が確実な情勢である。コトを急ごうとする推進勢力らの思慮の浅さと、反対する側の本質的問いかけのなさ、相変わらずの国民の関心の低さに、深い溜息を吐く。  私は、カジノ(賭博場)合法化に反対である。なぜなら、それは「人の不幸をネタに金儲けをするビジネス」だからである。  詳しい説明は必要あるまい。賭博場では、勝つ人と負ける人がいる。勝った者はハッピーだが、負…

続きを読む

JR北海道の維持困難路線「弱者を切り捨て」てきたのは誰か?

JR北海道の不採算路線整理の話、「国による地方切り捨て、弱者切り捨てだ」という声が上がっているが、半分正しいけど、半分間違っていると思う。 地元の町長や住民たちは、目の前の鉄道が膨大な赤字を垂れ流しながら走り続けるのを、何十年もだまって見続けてきたのである。「いつか廃止だよね」「なくなったら困る人がいるよね」と言いながら。なぜなら、「なくなって困る人」は自分ではないから。自分はクルマを持っ…

続きを読む

JR北海道の断末魔~「単独維持困難」発表に思うこと

 ついにJR北海道が、不採算路線の大幅整理の大方針を正式発表した。10路線13区間が「単独で維持することは困難」。うち3線区はバス転換による路線廃止、残る10線区は上下分離方式による存続を地元と協議するのだという。路線のざっと半分が整理対象となる、未曾有の大転換である。  発表された内容自体は、今年の夏頃からチラホラと先行報道されていたこととほぼ同じなのでそれほど新味はない。が、JR北海道…

続きを読む

JR北海道・不採算路線「切り捨て」に思うこと

 JR北海道による不採算路線整理の行方が、大きな議論になっている。今年7月に「存廃論議の対象となり得る路線(輸送密度2000人未満路線)」が公表されたのに続き、先日には「札沼線(北海道医療大学~新十津川)」「留萌線(深川~留萌)」「根室本線(富良野~新得)」について、バス転換に向けた地元協議に入ることが報道された。  感想が二つある。  一つ目は、これはJR九州の株式上場と軌を一にす…

続きを読む

札幌ドームと札幌市営地下鉄

 前例の無い方式を採用し、開業当初は大いに自慢し、各方面から称賛されたものの、年数が経過してみると維持費がかさみ、デメリットがあらわになって苦悩する・・・「日本初」(そして地下鉄道としてはいまだに「日本唯一」)のゴムタイヤ案内軌条方式を採用した札幌市営地下鉄と、どこか似ている話ではないだろうか、と思う。札幌ドームの話である。同所を本拠地とする北海道日本ハムファイターズが、自前の球場建設の候補地と…

続きを読む

蓮舫氏の国籍問題に垣間見える、世にもUGLYな差別根性

 代表選はやりなおし・・・という声が民主党内から上がっているのだそうだ。なんというアホらしさ。べつに蓮舫氏を応援したいわけじゃないが、二度も選挙に当選し、選管が「(日本国籍を有しているのだから)問題なし」としてきた人物じゃないか。説明が二転三転したのは本人の脇の甘さだとしても、「代表候補となる資格に問題なし」と、どうして堂々と言えないのかね。  蓮舫氏の二重国籍騒ぎを見ていて、2008年に…

続きを読む

911から15年

 9.11の同時多発テロ事件からから15年になる。ここからアメリカは「テロとの闘い」は世界に宣言し、アフガニスタンやイラクで戦争を始めたが、テロは激増し、世界は混迷の度を深めたのは承知の通り。  この事件の後、「世界が変わった日」というシリーズ特集を、あるテレビ局がやっていた。まさに、そのとおり。この事件の前と後で、世界は大きく違うものになったのだな、と今にして思う。  写真は、事件…

続きを読む

「四島返還」論では領土問題は永久に解決しない

 「鈴木宗男 VS 竹田恒泰「北方領土問題」について激論を交わす」という記事を、たまたまネットで見つけた。  この人物を全肯定してるわけではないが、この件に関しては、鈴木宗男の主張に筋目があるように、私は思う。 「サンフランシスコ講和条約に日本が署名したとき国後・択捉は放棄している。そのあとで外務省が国後・択捉も日本のものだと言った。逆にこれでは日本が無理を通す形になっている」 …

続きを読む

道東特急、12月まで不通

 台風10号による土砂災害で根室本線の橋梁や路盤に甚大な被害を受けたJR北海道は、特急「スーパーおおぞら」(札幌~釧路」「スーパーとかち」(札幌~帯広)の復旧時期を「12月」と発表したのだそうだ。  前に書いたこととも重なるが、千歳線の札幌~新千歳空港や函館本線の札幌~小樽で同じような災害が起きても、こうして4か月も不通にするのか。そんなはずないだろう。あらゆる資機材と資金を投入して早期の…

続きを読む

石北本線数か月寸断・・・に思うこと

 北海道では、先週から今週にかけ、1週間に3つの台風(7号、11号、9号)が立て続けに上陸するという、異常な事態となった。犠牲者こそ出ていないものの、川の氾濫による田畑の浸水、土砂崩れによる道路や鉄道の寸断など、被害は大きい。中でも気になったのが、JR石北本線(報道等では石北線と表記)の線路被害である。  けさの新聞によるとJR北海道は、土砂流出による路盤・線路の損壊のため「被害が甚大で最…

続きを読む

天皇”生前退位”の「お気持ち」について

 前にも書いたが、この生前退位という話は、天皇の権威強化を狙う別筋の「ご意向」が背後にあるように思えてならない。キナ臭い話だ。  天皇制を否定まではしないが、天皇が権威者のように振る舞い、国民がそれを「崇め奉る」状況というのは、どう考えても不健全だ。何よりも、法の下の平等に反する。  しょせん「ただの人」である。万世一系の皇統などと言うのは中世・近代の支配者が天皇の傘を利用するために…

続きを読む

生前退位は官邸の「ご意向」、狙いは「改憲」・・・ではないのか?

 きのう夜NHKが、「天皇陛下 生前退位の意向」とスクープした。テレビ・新聞とも、すぐさま後追い。案の定、きょうのテレビは「生前退位」一色と言っていい状況だ。あれほど話題の都知事選も、すっかりかすんだ感がある。  それにしてもわからないのは、天皇の「ご意向」とやらを、いったい誰が、どのように公にし、それは誰の意を受けてのものであるのか、ということだ。メディアもどうして情報源を追及しないのだ…

続きを読む

都知事選の鳥越俊太郎候補をどう考えるか

 参院選が終わったばかりなのに、メディアの関心事はすっかり都知事選だ。ニュースが消費されるのは何と速いものか、と思う。あと少しすれば、民進党が救いがたい敗北を喫したことも、投票率が相変わらず記録的に低いことも、憲法改正発議がやろうと思えばいつでもできる状態になっていることも、メディアも国民もきれいさっぱり忘れてしまうのではないだろうか、と思う。  ところで・・・。きのうの夜から急に名前が出…

続きを読む

日本国憲法が「死んだ」日

 2016年7月10日(11日未明)は、改憲に事実上の青信号がともった日、日本国憲法が死んだ日、として記憶に留められることになるだろう。  参院選の結果、自民・公明ほか、即時改憲を是とする勢力が衆参両院の3分の2を占め、憲法改正の国会発議が可能となった。選挙期間中、憲法にはまったくと言ってよいほど触れなかった安倍自民党だが、これを機に、一気に改憲論議になだれ込むことは間違いない。本当にやり…

続きを読む

総理がダメなら都知事がある・・・?

 次の東京都知事選挙には残念ながら投票できそうにないのだが、つい最近まで東京都民だった者として、都知事選には関心を持っている。  きのう流れた、小池百合子衆院議員の出馬のニュース。安倍内閣でカラカラに干され、すっかり「過去の政治家」と化していた小池百合子が返り咲きを狙ったのが都知事の座だった、そういうことなのだと思った。このまま自民党の国会議員を続けても、初の女性総理どころか、稲田朋美や高…

続きを読む

舛添要一都知事のファーストクラス批判をめぐって

きのう自宅でTBSのN23をたまたま見ていたのだが、生出演している舛添知事を前に海外出張でのファーストクラス使用をネチネチ批判していたのが、ひどく見苦しく思えた。ビジネスクラスで十分だの、アップグレード分は自分で払えだの、自腹で海外に行くならファーストクラスに乗るのか、などなど。 うるせぇ、余計なお世話だ! と思った。庶民面すれば視聴率が取れるとでも思っているのだろうか。ファースクラスが…

続きを読む

「稲葉事件」は終わらない

 地元北海道の、気になるニュース。  道警元警部による「おとり捜査」で逮捕され、有罪確定・服役したロシア人の再審が決定したのだそうだ。再審事件は無罪となる可能性が高いから、再審開始が決定したということは、裁判所が道警の捜査手法に対してはっきりとノーの意思表示をしたということだろう。  事件を首謀した捜査官とは、2002年に覚醒剤使用で逮捕され懲役9年の判決を受けた稲葉圭昭元警部だ。服…

続きを読む