テーマ:旅・日本国内

日本橋と「麒麟の翼」

土日は会議出張で東京滞在。日本橋からほど近いホテルに宿泊している。 東京勤務だった5年間、何度も歩いて通った日本橋だが、橋の中央にこういう翼のある麒麟像が設置されていることは、去年「麒麟の翼」という映画をビデオで見るまで知らなかった。身の周りの景色でも目に入らないこと、気づかないことは意外と多いものだ。 それにしても、日本に起点とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAS導入機、JA010Dで東京へ

1111の朝、JL504便で東京に向かう。一泊二日の週末旅。 けさの乗機はBoeing 777-289 JA010D号機。この機体は13回目の搭乗だ。 この機体は旧JAS時代の1999年に導入され、JALJAS統合でJALに移管された機体。統合後もかなりの期間、JAS時代の内装、座席のまま運航されていたけれども、いつのまにか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「辺野古」でいま、起きていることについて

 ドライブの途中、名護市辺野古のキャンプシュワブゲート前も通りかかった。ゲート前には、目測で200人ほどの反対派の住民が集まり、埋め立て工事の強行と基地建設に対する反対運動を行っていた。めったにない機会なので、邪魔にならない場所にレンタカーを止め、しばらく観察してみた。  運動に参加する住民は「埋め立てやめろ」などとシュプレヒコー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の海に思うこと

 那覇で1日過ごした後は、レンタカーで北上し、名護を拠点にドライブ。美ら海水族館では、ジンベイザメの巨体に子どもたちは大興奮。  幸い天候も回復してきて、陽光がきらめき初夏を思わせるような空の下を、本当北部の景色を存分に堪能した。中でも、強く印象に残ったのは、海の美しさだ。サンゴが遠浅の岩礁を形成する沖縄の海岸は、日光が海底のサン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

首里城にて

 沖縄に来ている。今回は、子どもたちの春休みに合わせた家族旅行。3月末の沖縄はもう海水浴シーズンが始まっていて、東京の初夏のような天候、と聞いていたが、期待のわりには、けっこう寒い。風が強く外で半袖は辛かったりとか。春の天候が年によって振れ幅が大きいのは全国共通ということだろうか。  沖縄が初めてという子どもたちのために、那覇の定…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

広島にて・・・原爆ドームは取り壊されていたかも知れない

 広島にて、会議の合間に時間があったので、原爆ドーム前に足を運んで見た。5年前に来たときには、「健全度調査」の最中で、全体が足場に覆われた状態だったから、完全な形のドームを目にしたのは18年ぶり。  ところで、この原爆ドーム。いまでこそ、人類初の核兵器使用の惨禍を後世に伝えるモニュメントとして、広島市の象徴ともなっているが、195…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

広島にて・・・新幹線vs飛行機 どっちが便利? というハナシ

 広島にやってきた。7時30分に自宅を出て、羽田発9時5分のJAL便に乗り、広島空港着が10時35分。空港バスで市内へ向かい、広島駅新幹線口で降りたのが11時45分。4時間15分の移動だった。  駅前でバスを降りてあたりを見回すと、「東京へは新幹線で!」「最速3時間47分!」などの看板が、あちこちに目に付いた。そう言えば、東京~広…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

奈良へ・・・レガシィでロングドライブ

 奈良に来ている。東京から約480kmのロングドライブ。午後4時半に品川区の自宅を出て、奈良駅前に着いたのが午後11時半。途中の休憩は2回で、所要7時間だった。都内の目黒通り、環八通りがひどく混んでいたので、思っていたよりも時間がかかった。  東名高速、新東名をひたすら西へ。名古屋の手前から伊勢湾岸自動車道、四日市JCTから東名阪…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雪による運航障害・・・2週連続

 またまた札幌に行く。今週月曜まで、1週間行っていたばかりなので正直お疲れモードではあるのだが、仕事があるのだからしょうがない。しかも、関東はまたまた低気圧接近で大雪の予報。飛行機はちゃんと飛ぶか。そもそも、電車がちゃんと動いて空港までたどり着けるのか。不安をかかえながらの出発となった。  行きは14日9時30分発のJL509便。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新千歳~羽田・2時間遅延

 1週間の札幌滞在を終えて、ようやく東京に戻る。8日の大雪で羽田発の便のほとんどが欠航し、その影響で9日の便も遅延、遅延でグチャグチャだったとは聞いていた。気になって午前中に運行状況を調べると、いやな予感。新千歳~羽田に、またまたかなりの遅延が出ている。朝一の羽田~新千歳便の出発が遅れ、その影響で雪だるま式に遅延が連鎖している様子だ。羽…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

喫煙ルームに泊まってみたら・・・

 前にも書いたような事情で、札幌市内のビジネスホテルを転々としながら1週間ほどの出張生活を送っている。  とあるホテルで、禁煙ルームをリクエストしたのに「空きがありません」と、喫煙ルームをあてがわれてしまった。禁煙ルーム保証のプランではなかったので、しょうがない。で、部屋に入ったのだが、強烈な異臭感、タバコ臭。ひぇぇぇ、タバコ吸い…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

乗車間際には買えない、快速エアポートの指定券

 2泊3日、実質1泊2日の出張滞在を終えて東京に戻る。朝イチの仕事をこなして札幌駅に着いたのが11時5分。5分後の11時10分に出る快速エアポートに間に合うな、と思ったが、毎回ブーブー言っているように、この電車に発車5分前に並んだのでは座れる可能性は非常に低い。空港まで36分間、時間を有効に使いたいので、300円払って座席指定券を買うこ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

共徳丸解体へ・・・「後世のことより、今を生きる人たちの心境を考えて決めた」

 東日本大震災の津波で漁港から内陸へ1キロほど流されて気仙沼市街地に打ち上げられた大型漁船「第十八共徳丸」が解体される方向だと、複数の新聞が伝えている。現在、共徳丸は船主の儀助漁業(福島県いわき市)が気仙沼市に無償で貸し出しているが、その契約が3月末で期限ととなり、儀助漁業は契約を更新せず打ち切り、自社で解体する考えなのだという。気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京~名古屋 片道切符4枚綴り

 子どもたちの春休みに合わせた小旅行で名古屋に行くことになり、新幹線のチケットを買おうと金券ショップに行った。正規で買うより1000円程度は安いので、こういうときに金券ショップは助かる。  とあるショップで、「のぞみ自由席9500円」の貼り紙。同じ店で指定席可の回数券は9900円なので、片道400円安い。どっちみち自由席で行くつ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あれから2年・・・南三陸町~石巻市

 気仙沼から海岸線に沿って南下してみた。目に入ってくるのは、延々と続く生々しい津波の傷跡だ。家や商店が建ち並び、草木が生い茂っていたであろう場所が、赤茶けた土の原野になっていた。ここに人々の暮らしが戻ることが果たしてあるのだろうか。そんな気持ちにさせられてしまった。 南三陸町中心部 ▲▼南三陸町防災対策庁舎。テレビで何度も報道さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あれから2年・・・気仙沼にて

 東日本大震災から2年が経つのを前に、震災現場を駆け足で見てきた。現地に足を運ぶのは今回が初めて。実際に見て感じたことは、テレビなどメディアが伝えるのは震災のごく一部、表層的なものでしかないということ。「復興」「絆」「がんばろう」「元気を出そう」・・・メディアを通して語られる、あらゆるスローガンがむなしく思えてしまった。 第十八共…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福岡市営地下鉄はSuicaが使える

 福岡市の地下鉄にもIC乗車券システム(名称は「はやかけん」)が導入されているが、Suicaが使えるのがちょっとした驚きだった。地下鉄でのSuica利用は、札幌はもちろん、大阪でもまだ不可なので。携帯電話にモバイルSuicaを入れているので、行先と料金を確認する必要も、切符を買う必要もない。旅人には大変親切だ。札幌の地下鉄も、Suica…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

本番とんこつラーメンは意外とあっさり風味

 ラーメンが大好物なので、本場のとんこつラーメンは楽しみの一つだ。で、機会を見つけてはあちこち食べ歩いているのだが、こちらのとんこつラーメンは、札幌や東京の店が出す「とんこつラーメン」よりは、ずっとあっさり風味だ。今回、三店で食べたみたが、どこもそうだった。こってり感、脂っぽさがずっと小さい。替え玉という習慣が福岡発祥とされるのも、これ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福岡・天神にて~JUSTY路上ライブ

 福岡・天神をブラブラと歩いていたら、ゴキゲンな音楽が聞こえた。JUSTYというローカルシンガー(たぶん)の路上ライブだ。プロモーションのスタッフもいたりして、なかなか本格的。  よく道路使用許可が下りるな、というのはさておき、歌はなかなかよかった。特にこの、パッフェルベルのカノンをモチーフにした曲(「Believe It」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄にて⑧・・・沖縄に来ることの「重さ」について

 沖縄に来るたびに、正直ある種の、喉にトゲが刺さったような、重苦しい気分になってしまう。  1945年の沖縄戦で、日本が沖縄を捨て石にしたという事実。そして、今もなお、在日米軍基地の75%を沖縄に押し付け、沖縄の人たちが基地の重圧の中で暮らしているという事実。この二つに本土の人たちのほとんどが無関心であるという苛立ちが、そんな気分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄にて⑦~5.15沖縄平和行進

 本土の施政復帰の記念日となる5月15日、沖縄では「平和行進」と銘打って、基地撤去などを訴えながら県内各地を練り歩くのが恒例だ。今年は、宜野湾市の普天間基地の周辺を二手に分かれ、7~8キロを歩く。本土流のメディア用語で言えば「デモ行進」ということになるが、沖縄のメディアは「デモ」という表現を使わない。「デモ」という言葉には反体制的な匂い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄にて⑥~きょうは沖縄本土復帰の日

 きょうは沖縄本土復帰の日。けさの沖縄タイムスは、戦争の混乱で持ち主不明になった土地が80ヘクタールもあり、経済活動の大きな妨げになっていると伝えている。砲撃や爆撃で役所に保管されていた地籍簿が焼失し、持ち主不明のままだという。戦後のどさくさで不明地主の土地にも家などが建ったが、正式な持ち主が現れたときに備え、県は家などの改築や建て替え…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

沖縄にて⑤~ハンビー飛行場跡地で基地と沖縄経済を考える

 普天間基地と嘉手納基地のほぼ中間、北谷町の美浜地区に、レストランやショップ、映画館などが立ち並ぶ、大規模なアミューズメントタウンがある。その名も、「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」。アメリカにひどい目に遭わされている沖縄がなぜ「アメリカンビレッジ」? という突っ込みは置いといて、アメリカのショッピングセンターをモデルにした店や…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

沖縄にて④~沖縄戦の激戦地から普天間飛行場を見る

宜野湾市の高台にある嘉数高台公園から、普天間基地を見る。基地と住宅地がいかに接近しているかが、ここからだとよくわかる。滑走路の末端の横がすぐに住宅。誘導灯のスペースだけがかろうじて空いている。滑走路と住宅街がこれほど接近した飛行場を見たことがない。 アメリカ軍は、滑走路の末端から900メートル以内に住宅や公共施設を接地してはならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄にて③~「スパイビル」で米軍嘉手納基地の全貌を見る

 アメリカ軍がスパイビルと呼ぶ建物が、嘉手納町にある。「道の駅かでな」の建物のことだ。米空軍嘉手納基地と道路を挟んで隣合い、四階の展望台に出ると、基地の様子がよくわかる。基地の現状を訪れる人に知ってほしいと、町が国の予算を使い、2003年に建てたのだそうだ。  双眼鏡や望遠レンズをのぞけば、基地内の航空機の動きもよくわかるから、軍…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄にて①~普天間嘉手納移転提案で揺れる地元

 沖縄に来て新聞を買ったら、地元の二大紙がそろって、きのうのレビン提案を一面トップの大見出しで伝えている。読んでみると、国防省の政策に大きな影響力を持つ上院議員が辺野古への基地建設に事実上の「NO」を突き付けたことに対し歓迎のニュアンスをにじませつつも、だからと言って嘉手納移転は飲めるものではないという、複雑な立場が伝わってきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売却直前のA300-600Rを羽田空港で見る JA8564/JA016D

 羽田空港で乗り換えの飛行機を待っていたら、目の前に、見慣れたJALのA300が現れた。JA8564とJA016D。3月末で路線就航が終了しているので(一部は震災後の輸送力増強のためライン復帰していたようだが)、売却前の整備や点検飛行に出ていた期待なのだろう。JA8564はJALのロゴが消され、白いノッペラボーな、寂しい姿になっていた。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄へ・・・2 JL917 羽田~那覇(JA8980)

 羽田空港で一時間半の待ち合わせの後、JL917で那覇に向かう。機体はB767-300、JA8980号機。こちらも満席に近い混み具合だ後、社用族がほとんどどったさっきの便とは打って変わって、リゾートチックな乗客ばかりだ。子連れやツアーのバッジを付けた人も目に付く。CAさんに聞いたところ、沖縄便の乗客が増え始めたのは最近なのだとか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄へ・・・1 JL502 新千歳~羽田(JA8982)

 台風一号が通過したばかりの沖縄へ向かう。札幌は気温10度そこそこで、低い雲の雨模様だが、那覇は25度くらいはあるはず。行く前から書いてしまうが、日本列島は本当に広い。  まずは羽田行きのJL504に乗る。機体はB777-200、JA8982。JALが導入したB777-200の2号機で、導入当初は「Vega」の愛称、最近は「嵐ジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機内もガラガラ 新千歳~羽田・JL502(JA8977)

 東京行きのJL502に乗ったが、機内もガラガラだ。搭乗率は3割弱程度だろうか。空港ビルがあれだけガラガラなのだから無理もない。こんな搭乗率でB777を飛ばすのは燃料をばらまくようなもので、勿体無いこと甚だしい。ANAグループは、東京・札幌線にもB737を入れるなど、乗客減に機体のダウンサイジングで対応しているようだが、JALグループに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more