日航ジャンボ機墜落事故から30年

 520人が亡くなった単独機としては史上最大の航空機事故、JL123便事故(日航ジャンボ機墜落事故)からきょうで30年になる。テレビでも特集や特番が色々組まれていて、30年経っても、この事故に高い関心を集めるものなのだな、と思った。  印象に残ったのは8月10日の「報道ステーション」。事故当時、123便と同じ空域を飛行し、機体を目視でとらえていたという元自衛隊輸送機のパイロットが登場し、当…

続きを読む

那覇空港の重大インシデントについて

 きのう那覇空港で起きた二重インシデント、ヒューマンエラーがよくもここまで重なるものだ、と思った。  まず、航空自衛隊のヘリである。他機(ANA機)への離陸許可を自機(自衛隊機)へのものと勘違いするなんて、あり得ない。ヘリには少なくとも正副2人の操縦士がいたはずで、整備員や通信員も同乗していれば、その者も管制との無線交信を聞いていたはずである。何を聞いていた!? なぜ離陸を制止できなかった…

続きを読む

広島空港で起きたアシアナ機事故について

 広島空港で起きたアシアナ機の事故、けさの新聞にわかりやすいイラストが出ていたので、拝借させていただく。(写真右)  これによると事故機は、滑走路末端(Threshold=スレッショルド)から325m手前にある、高さ6mの構造物(着陸誘導用無線設備/DMEのことか?)に接触しているのだそうだ。あり得ない! 自殺行為! 高度を下げ過ぎというようなレベルではなく、こんな低高度なら、接触がなくて…

続きを読む

<速報>広島空港でのアシアナ機事故について

 深夜に帰宅して、録画しておいたニュースを見て、広島空港でのアシアナ機の事故のことを知った。ずっと会社にいて、テレビもラジオも点いていたのに速報が鳴った記憶がない。携帯電話にも速報が入って来ていない。ただちに速報すべき内容と思うが、どうしたのだろう・・・。  それはさておき、TBSのニュース(取材はRCC中国放送)で流れていた乗客のインタビューから、気づいたことを2点ほど。 >酸素マ…

続きを読む

ヒトはミスを犯す・・・徳島空港重大インシデントについて

 滑走路上の作業車の存在を忘れて管制官が定期便旅客機に着陸許可を出していた5日の徳島空港での一件。管制官、なにやってんだ? という指摘は当然なんだけど、疑問として、滑走路上にいた作業員は管制塔の無線交信をまったく聞いていなかったのか? と思った。    聞いていたら、定期便のジェット旅客機に対して着陸許可が出されたことを認識して、「ヤバイ」と思って退避するだろう。あるいは、自分らがらまだ作業…

続きを読む

フランスで起きたエアバスA320機の墜落について・・・その2

 フランスで起きた独エアバス機の墜落事故、26日のフランス検事当局の衝撃的な発表以降、墜落に至る過程が徐々に明らかになりつつある。  現時点で、3つの感想がある。 1. 過去の教訓が活かされていない。  今回の件を「信じられない」「前代未聞」と言う人もいるが、ちゃんちゃらおかしい。似たような事例は過去に起きているのだ。パイロットが水平飛行中に意図的に機体を墜落させた例は、過去に少…

続きを読む

フランスで起きたエアバスA320機墜落について

 フランスで起きた独エアバス機の墜落事故、報道されている情報を総合すると、機体はコントロールされた状況下、一定の速度と降下率をほぼ保ちながら、アルプス山中に激突した可能性が高くなっている。Flightradar24が公開している飛行データから、それがわかる。発生当日のテレビや翌日の新聞では、破壊や爆発、操縦不能や失速ではああいう落ち方にならない、という点で専門家の見方も共通している。  す…

続きを読む

東京~大阪 日帰り出張

 久しぶりの大阪日帰り出張。品川から「のぞみ」に乗る。  マイル奴隷としては、できれば飛行機を使いたいところだが、大阪市内への日帰りなら、どう考えても新幹線の方が効率的だ。運賃はほぼ同じだが、飛行機は「余裕時分」を多めに取らなくてはならないので、実質の移動時間は新幹線より長くなってしまう。  鉄道なら駅に10分前到着で十分だけど、飛行機なら空港に最低でも30分前、アクセス交通の支障も…

続きを読む

スカイマークA330・・・羽田ラストフライト

 スカイマークが導入したエアバスA330が、経営破綻にともないわずか7か月で運航を終了することのアホらしさについては、前にも書いた。  とは言え、日本の国内線をA330が飛ぶのはスカイマークが最初で最後かも知れない。同社のA330をちゃんとカメラに収めたことはなかったので、運航最終日となるきょう、羽田空港で狙ってみた。  カメラを向けてみて改めて気づいたが、A330という飛行機は美し…

続きを読む

スカイマーク・・・A330運航終了

 経営破綻したスカイマークが、エアバスA330の運航を来月1日、きょうから3日後にから中止するのだそうだ。  国内線の切り札として、セクハラ制服まで着用させて鳴り物入りで導入したエアバス機なのに、わずか7か月で運航終了。なんたるザマだろう。  ミニスカート制服という女性蔑視ので時代錯誤な発想の愚劣さについては前に書いたとおりだが、それは別にするにしても、A330の導入と幅広の快適空間…

続きを読む

スカイマークの経営破綻について

 きのう、日経速報がiPhoneに入ったのが午後6時52分、その8分後、NHKがニュース7冒頭で速報。そこから数分以内に、民放各社が相次いで字幕速報。突然のニュースに、体に電流が走るような気がした。  二つの感想がある。 1. 西久保愼一氏という経営者の退場は、喜ぶべきである。彼の、航空経営者としての不適格性、時代錯誤性についてはさんざん論じてきたので、改めて語るまでもあるまい。墜…

続きを読む

エアアジア機墜落・・・機体捜索は難航中

 昨年12月28日に墜落したエアアジア・インドネシア(AWQ/QZ)のスラバヤ発シンガポール行きQZ8501便(エアバスA320型機、登録番号PK-AXC)の機体捜索が難航している。水深25~30mに沈む機体主要部の位置は特定できているものの、悪天候のためダイバーが潜ることができず、捜索船も小型のため波浪の中では長時間の作業ができないらしい。CNNによれば、墜落現場は沖合約200キロ。小型船だと…

続きを読む

エアアジア機の墜落について

 インドネシアで先月28日に発生したエアアジアQZ8501便(A320-200/PK-AXC)の墜落事故、2007年1月1日に起きたアダム航空KI574便(B737-400/PK-KKW)墜落事故と、同じ出発地、年末年始、LCC、悪天候など、共通点が多いことに驚く。なんと言う偶然だろう。違うことと言えば、KI574便が、製造後18年、7つのエアラインを渡り歩いてきたガタガタの機体だったのに対し、…

続きを読む

広島にて・・・新幹線vs飛行機 どっちが便利? というハナシ

 広島にやってきた。7時30分に自宅を出て、羽田発9時5分のJAL便に乗り、広島空港着が10時35分。空港バスで市内へ向かい、広島駅新幹線口で降りたのが11時45分。4時間15分の移動だった。  駅前でバスを降りてあたりを見回すと、「東京へは新幹線で!」「最速3時間47分!」などの看板が、あちこちに目に付いた。そう言えば、東京~広島は、新幹線と航空機が激しくシェア争いをする区間だったな、と…

続きを読む

再びJA8995号機・・・東京へ

 2泊の札幌滞在を終えて、東京へ戻る。千歳発20時のJL526便。JAL最大座席数のボーイング777-300での運航だが、満席だ。  乗り込んで、L1ドア横にある機体番号等を示すプレートを見たら、JA8995号機だった。2日前、JL515便として出発後に、操縦席で異臭が発生して引き返し、シップチェンジとなった機体である。「今度は大丈夫だろうな?」と一瞬思ったが、JALとしても、引き返し・シ…

続きを読む

コクピット内で煙臭・・・JA8945機引き返し

 約1か月ぶりの札幌出張。羽田発12時30分のJL515で新千歳に向かう。  連休のため500席のB777-300は満席。機体は、機内インターネットが可能なSKY NEXTに改修されたJA8945号機だ。定刻より約10分遅れてドアクローズ、ランプアウトして滑走路に向かったが、滑走路に入る直前に操縦席からアナウンス。「操縦席内で煙の臭いがしています。駐機場に引き返します」。やれやれ。おそらく…

続きを読む

エコノミー席にリクライニングなんていらない

 CNNのネット版から、ちょっと気になった航空関係ニュース。アメリカで、乗客どうしのリクライニング争いによる緊急着陸(*)が、2週間で3回もあったのだという。(右イラストはアメリカのニュースサイト"Slate"より)  時系列で事実関係を示すと、次のとおり。 ▼9月1日夜、ニューヨーク・ラガディーア空港発フロリダ州ウェストパームビーチ行きのデルタ航空2370便で、前の座席のリクライニ…

続きを読む

Flightrador24「政府専用機」と読売新聞報道について

 けさの読売新聞ネタ。政府専用機の動向がflightrador24というアプリで世界中から丸見えになっているという話。  こんなことは何年も前からわかっていたことで、当ブログでも記事を掲載したことがあるし、ネットでも政府専用機が飛ぶたびに報告が上がっている。なにをいまさら・・・。こんなことを「鬼の首」のように政府に上申する新聞社の姿勢に、笑ってしまう。  政府が気づいていなかったとし…

続きを読む

バリ島へ・・・その4

 ジャカルタからデンパサールまで、飛行時間は1時間45分。これに1時間の時差が加わり、地上走行なども含めると、時計の上では3時間以上が経過している。デンパサール空港に到着してドアが開いたのが22時15分(現地時刻)、荷物を受け取りタクシーに乗り込んだのが22時45分、予約していたクタビーチのホテルにチェックインしたのは、23時をとうにまわっていた。自宅を出てから18時間の長旅だ。妻も子どもたちも…

続きを読む

バリ島へ・・・その3

 成田~ジャカルタの飛行時間は約7時間。長いようだが、食事をして、映画を2本見て、少しウトウトしていれば、あっという間だ。ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港に着陸したのが、現地時刻の15時14分。飛行時間は6時間55分だった。  約20分の地上走行でゲートインが15時35分。ターミナルに入り入国審査場へと進むのだが、入国審査の列に進む前にVOR(Visa On Arrival=到着ビザ)に…

続きを読む

バリ島へ・・・その2

 今回のバリ行きでJALを選んだのは、単純に「安かった」ということともう一つ、JALの最新の国際線サービスを体験してみたい、というのがあった。  JALの国際線は2009年のマレーシア往復までは、ほぼ毎年のように利用していたが、その後は価格と利便性で優る外国エアラインを使っていた。今回は、JALのジャカルタ経由とガルーダインドネシア航空のデンパサール直行便がほぼ同じ価格だったので、だったら…

続きを読む

バリ島へ・・・その1

 夏休みの海外旅行。今年は家族揃ってバリ島に行く。飛行機とホテルをべつべつに手配したら、旅行会社でパックツアーを買うよりずっと安かった、という話は、前にも書いた。安く海外に行こうと思えば個人手配が一番だが、結果はすべて自己責任。手配に漏れがないか、出発日出発日や出発時刻に間違いがないか、前日の確認には少しだけ緊張した。  ジャカルタ行きJL726の出発は10時50分。空港でゆっくり食事を取…

続きを読む

ワシントンからの電話

 「230席未満の次期国産ジェットを国主導で開発」と読売新聞がブチ上げたその夜、ワシントンから外務省に、さっそくこんな電話がかかって来た。 「おはよう! そっちは夜の10時だってのに、相変わらず残業かい? 冷房もろくに効かないオフィスでご苦労さん。で、そっちの新聞に出てたアレさ、東京の大使館から送られた翻訳を、いま読み終えたところだよ。中身についてだけどさ、ちょっとこっちの考えを伝えて…

続きを読む

B737と勝負する国産旅客機・・・バカも休み休み言え

 けさの新聞ネタから。「次世代旅客機 国が主導」という記事が、読売新聞の一面トップに出ていた。  記事によれば、エンジンも含めて部品ベース7割国産の「純国産機」を国主導で開発し、2030年ごろの実用化を目指すのだという。座席数は230席未満の「小型機」。現在開発中の70~90席級の「MRJ」(三菱航空機)は部品の8割が外国製のため、「ノウハウが少ない航空機部品の開発に関して、民間任せには…

続きを読む

次期政府専用機の整備はANAが受託

 次期政府専用機がボーイング777-300ERに、整備や乗員要請などの後方支援業務を全日空が受注することが、正式に決まった。  まずもって、順当、合理的な決定だな、と思う。  JALがB777の後継機としてA350を大量購入し、エアバスシフトの姿勢を打ち出している以上、ボーイングとより密接な関係を保つのはどちからと言えば、ANAである。部品をより安く買えるのはどちらかと言えば、ANA…

続きを読む

御巣鷹山事故から29年・・・

 羽田発大阪行きのJAL123便B747-100SR(JA8119)が御巣鷹の尾根に激突した「日航ジャンボ機墜落事故」から、29年になる。きょうのテレビ・新聞は、追悼慰霊式やら慰霊登山やら、おきまりの「カレンダー記事」のオンパレードだった。それがまったく価値がないとまでは言わないけれども、伝えるべきコト、掘り下げるべきコト、はもっと他にあるんじゃないのか、という気がしてならない。  事故原…

続きを読む

スカイマーク・・・A380の発注キャンセルについて

 午前中、衝撃的なニュースが駆け巡った。スカイマークのA380全機発注キャンセル。業績悪化から、国際線計画を全面的に見直すためだという。簡単に言えば、赤字のため機体代金を払えるアテごない、そういうことのようだ。  あー、やっぱり! というのが、正直な感想。機体は完成、進空(初飛行)してSKYの発注どおりに塗装や内装品を取り付ける艤装作業中だ。まさかキャンセルはないだろうと普通は誰もが考え…

続きを読む

落雷~羽田空港にて

 3連休の最終日は仕事で札幌に出張。前日入りするため羽田発20:30のJAL最終便JL531を予約しておいた。家族で夕食を取って18:40ごろ品川区の自宅を出ると、叩きつけるような猛烈な雨。10秒に1回くらい、稲妻が光る。いやな予感がしつつも山手線・モノレールは平常運転で、19:40に羽田空港へ。預ける荷物がないので、そのまま保安検査場でJALのICカードをかざすと、エラー表示。電光掲示板をよく…

続きを読む

マレーシア航空機撃墜被疑事件について

 きのう未明、寝ようとしていたら、「マレーシア航空機撃墜か」というニュース速報がiPhoneに入ってきた。一気に目が覚めた。  CNNのサイトを見ると、「テロリストが対空ミサイルで旅客機を撃墜」とのこと。現場は、親ロシア派の支配下にあるとも。「ヤバイぞ、政治的に相当ヤバイことになるぞ」というのが、最初の感想。ただ、CNNにあった「テロリスト」という表現は引っかかった。同記事は、アメリカ政府…

続きを読む

JAL B777-200初号機「JA8981/シリウス」が退役スクラップへ

 ちょっと前のことだが、航空関連で気になったニュース。JALで最初に導入されたB777-200、JA8981号機が4月に路線から退役。売却整備の後、6月13日にホノルル経由でアリゾナ州グッドイヤー空港にフェリー(回送)されたのだという。日本のエアラインでB777が退役するのは初めてだそうだ。メーカーが規定する寿命に到達しているため、売却後は再び飛ぶことはなく、部品取りの後に解体される予定だという…

続きを読む