テーマ:航空

HAC SAAB340Bの後継機 ATR42にようやく決定

 HAC(北海道エアシステム)が道内で運航する3機のSAAB 340Bの後継機にATR42-600が導入されることが、ようやく発表された。来年11月に機体を受領し、運航開始は2020年だという。現用のSAABは機齢がまもなく20年を超える。後継機選定のタイムリミットが近づいていることが前から言われていたが、ようやく決着したわけだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄で米空軍のF-15が墜落

 防衛省などによりますと、11日午前6時半ごろ、沖縄本島の南およそ80キロの海上で、アメリカ軍嘉手納基地所属のF-15戦闘機が墜落しました。乗っていたパイロット1人は緊急脱出し、そのおよそ1時間後に航空自衛隊のヘリが救助したということです。(TBSニュース)  嘉手納基地に配備されている米空軍のF-15は1970年代製造で機齢40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸自ヘリの墜落事故について

自衛隊機の死亡墜落事故は、去年5月に北海道北斗市に陸自のLR2が墜落した事故から数えて、これで4件目。9か月で4件の死亡墜落事故とは、明らかに異常である。うち2件は操縦ミスが原因と判明している。今回のケースは状況から見て、整備ミスの疑いが強い。 任務強化と人手不足、訓練不足、そして、高価で実効性が疑問視される正面装備の相次ぐ導入に起因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際線混雑、なぜ予測できなかった?

けさの地元紙に、国際線の便数増で地上支援設備や車両が足りない、という記事が出ている。国際線の便数が5年で倍増したからだそうだ。 日本の行政って、どうしてこうもいつもいつも、先を予測して対策を打っておくことができないのだろう、というのが正直な感想だ。 訪日観光客を取り込んで観光立国を目指そうという方針は、かなり前から決まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAS導入機、JA010Dで東京へ

1111の朝、JL504便で東京に向かう。一泊二日の週末旅。 けさの乗機はBoeing 777-289 JA010D号機。この機体は13回目の搭乗だ。 この機体は旧JAS時代の1999年に導入され、JALJAS統合でJALに移管された機体。統合後もかなりの期間、JAS時代の内装、座席のまま運航されていたけれども、いつのまにか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊機LR-2墜落事故・・・原因は操縦ミス

 今年5月に起きた陸上自衛隊機の墜落事故、自動操縦装置が誤って解除されて機体が降下し、警報も無視して地面に激突した、という調査結果が発表された。無線交信中に誤って自動操縦の解除ボタンが押されたが、コクピット内の誰も、機体の異常降下に気づくことはなかったのだという。  事故発生の直後に私は「機長も副操縦士も気づかぬまま機体が降下の状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JL123便の墜落事故からきょうで32年

 JL123便の墜落事故からきょうで32年。  毎年この日になると、読みあさった事故関連本の内容、自分で足を運んだ墜落現場、事故が当時の社会に与えた衝撃の大きさを思い出す。  御巣鷹山の墜落地点に立ったとき、標高1540mの現場の山深さ、地形の急峻さはまさに、「聞きしにまさる」ものだと感じた。ほぼ垂直に感じられるほどの斜面が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ILSアプローチ中に山に激突・・・なぜ?

 行方不明だった陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌・丘珠飛行場)のLR-2が、きょう午前見つかった。やはり、山にぶつかって大破しており、北斗市の袴腰山(標高618m)山頂から東に3kmの斜面だそうだ。乗員4人は収容された後全員の死亡が確認された。きのうの時点では、「機体発見まで時間がかかるのではないか」と予想していたが、予想よりは早く見つか…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

不可解な事故・・・陸上自衛隊LR-2が消息不明

 陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌・丘珠飛行場)のLR-2が消息不明になった。状況から見て、墜落した可能性が高い。北海道からの要請を受けて急患搬送のために函館空港に向かう途中、約30km手前の山中でレーダーから消失したという。  報道等によると、現場付近は雲底180m程度と、極端な視界不良だった。雲中飛行で山に衝突したものと推察する…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

B777国内線にA350・・・キャパ不足はどうする?

 国内線B777の後継にA350を入れるとJALが発表した。「ボーイングの上得意がエアバス機を大量導入」という衝撃のニュースから3年半。ようやく路線投入計画が明らかになった。B787を国際線専用機材としている先例から見て、A350も国際線からだと思っていたが、意外だった。導入から20年以上が経ち、頻繁な離着陸で経年化が進むB777の置換…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

HAC SAABの後継機はATR42で当確か

 丘珠空港のジェット化について書いたついでに、もう一つの気になるトピックについても触れておきたい。それは、丘珠を拠点としているHAC(北海道エアシステム)が運用するSAAB340Bの後継機問題だ。  北海道エアシステムは、北海道内の離島や地方都市間の高速輸送機関として北海道と当時のJASが設立した第3セクターである。1997年9月…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

引きずり降ろし・・・ユナイテッド騒動から見えること

 我が目を疑った。男性客が男3人に囲まれ、狭い通路を引きずられるように運ばれている。口からは血を流している。「ひどい」「なんてことするんだ」という声が通路に響く。シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行のユナイテッド航空3411便(Embraer 170/登録番号 N632RW/運航会社=Republic Airlines)で今週日曜夜(4日9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丘珠空港・・・ジェット効果で20万人達成

 丘珠空港の活用について思うところを書きとめておいたら、翌日の新聞にタイムリーな記事が出ていた。丘珠空港の年間利用者数(2016年度)が20万人を超えたのだという。ANA撤退の直後には12.8万人にまで落ち込んだことを考えれば、奇跡の回復と言えるだろう。  とは言っても、20万人というのはANAが丘珠に拠点を置いていた頃の、ようや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丘珠空港にジェット機が就航していた

 丘珠空港にジェットの定期便が就航したというので、様子を見に行って来た。定期便というのは、静岡空港から飛んでくる富士ドリームエアラインズ(FDA)の174/173便。13時30分に到着し、14時00分に出発する。静岡からの所要時間は行きが1時間45分、帰りが1時間50分。機体はブラジル・エンブラエル社の小型ジェット、E170・E175(…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

機内モニター廃止は時代の流れ・・・ホンネはコスト削減でしょ

 ネットニュースを見ていたら、アメリカの大手エアラインが今後導入する新型機材で個人モニターを廃止するという話が目にとまった(CNN、ハフィントン・ポスト、ほかが報道)。いろいろ理由は言われているけれど、詰まるところはコスト削減なのだろうな、と私は思う。  IFE(インフライトエンターテインメントシステム)は、意外と金食い虫なのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MRJ納入、5度目の延期

 MRJ納入、5度目の延期が発表された。   産みの苦しみ。ジェット旅客機新規開発の困難さを考えたら当然、想定されるべきこと。三菱の技術力が足りないとか、そういう話じゃない。旅客機の完成機に関しては、ノウハウなど元々ないのだから。  【Ocean Radio@2017】 MRJ納入がまた2年延期 三菱重社長「開発前に勉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌~クアラルンプール片道500円・・・なわけがない!

 エアアジアXが新千歳空港就航1年の記念に、新千歳~クアラルンプールを片道500円で売り出す・・・というのが、地元の新聞やラジオでちょっとした話題として取り上げられていた。  このニュース、「片道500円」と言うが、冷静に考えてみたら、そんな金額でマレーシアまで行けるはずがない。燃油付加運賃(サーチャージ)、空港使用税、発券手数料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御巣鷹の尾根へ

 御巣鷹の尾根に行って来た。1985年8月12日、520人の犠牲を出した日本航空123便墜落事故の現場である。  書物で何度も読んだことはあったが、標高1540mの現場の山深さ、地形の急峻さはまさに、「聞きしにまさる」ものだった。ほぼ垂直に感じられるほどの斜面が何百メートルも続き、そこを縫うように登らなくてはならない。墜落地点にも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機体はあと4か月で見つかる・・・? マレーシア航空機失踪から2年

 乗客乗員227人を乗せクアラルンプールから北京に向かったまま消息を絶ったマレーシア航空MH370便(ボーイング777-200/機体番号 9MMRO)の行方不明事件発生から、きょうで丸2年になる。飛行中の大型旅客機が忽然と姿を消し、手がかりがまったく見つからないなどというのは前代未聞の話で、「航空史上最大のミステリー」という言い方もされ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

吹雪の大脱出・・・新千歳空港JAL機トラブルについて

 今週水曜日(2月23日)、新千歳空港で起きた、3人の軽傷者を出したJAL3711便(ボーイング737-800 JA322J号機)の重大インシデントについて。  吹雪の中、脱出シュートを使用した脱出事案だったことに、まず驚いた。脱出シュートは、機体に火災が発生したり発生の危険性があるときに、乗客乗員を速やかに(90秒以内)に避難さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANAのA380導入について・・・その2

 元日の日経が抜いたANAのA380導入計画の件、読売がすぐさま電子版で追いかけ、きょうの朝日新聞にも追いかけ記事が出ていた。日経から3日遅れの後追いだが、そこそこ詳しく解説されていて、なるほど、と思う中身になっていた。各社の経済部記者がこの短期間に裏取りでき、記事を発信できたということは、ANA社内ではA380の導入は既定路線、正式発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ANAがA380導入

 元日早々、日経新聞に大きな抜きネタが載った。ANAがA380を導入するのだという。共同通信もすぐに追いかけ、いくつかのネットメディアがフォローアップの記事を掲載している。  前から書いていたように、A380を入れるならJALが先だろうと私は考えていたので、意外なニュースではある。が、ネットメディアFlyTeamが「スカイマーク向…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

エアアジア機墜落事故・・・パイロットミスを主因とする報告書公表

 去年12月にインドネシアで墜落したエアアジア・インドネシアQZ8501便(A320-200/PK-AXC)機墜落事故の調査報告書が公表された。整備不良に起因するマイナーなシステムトラブルにパイロットの不適切操作が重なって致命的事態に陥った・・・大筋で言うと、こういうこと。発生当初に予想した構図どおりだった。ブラジル沖で墜落したエールフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日航ジャンボ機墜落事故から30年

 520人が亡くなった単独機としては史上最大の航空機事故、JL123便事故(日航ジャンボ機墜落事故)からきょうで30年になる。テレビでも特集や特番が色々組まれていて、30年経っても、この事故に高い関心を集めるものなのだな、と思った。  印象に残ったのは8月10日の「報道ステーション」。事故当時、123便と同じ空域を飛行し、機体を目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那覇空港の重大インシデントについて

 きのう那覇空港で起きた二重インシデント、ヒューマンエラーがよくもここまで重なるものだ、と思った。  まず、航空自衛隊のヘリである。他機(ANA機)への離陸許可を自機(自衛隊機)へのものと勘違いするなんて、あり得ない。ヘリには少なくとも正副2人の操縦士がいたはずで、整備員や通信員も同乗していれば、その者も管制との無線交信を聞いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島空港で起きたアシアナ機事故について

 広島空港で起きたアシアナ機の事故、けさの新聞にわかりやすいイラストが出ていたので、拝借させていただく。(写真右)  これによると事故機は、滑走路末端(Threshold=スレッショルド)から325m手前にある、高さ6mの構造物(着陸誘導用無線設備/DMEのことか?)に接触しているのだそうだ。あり得ない! 自殺行為! 高度を下げ過…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

<速報>広島空港でのアシアナ機事故について

 深夜に帰宅して、録画しておいたニュースを見て、広島空港でのアシアナ機の事故のことを知った。ずっと会社にいて、テレビもラジオも点いていたのに速報が鳴った記憶がない。携帯電話にも速報が入って来ていない。ただちに速報すべき内容と思うが、どうしたのだろう・・・。  それはさておき、TBSのニュース(取材はRCC中国放送)で流れていた乗客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒトはミスを犯す・・・徳島空港重大インシデントについて

 滑走路上の作業車の存在を忘れて管制官が定期便旅客機に着陸許可を出していた5日の徳島空港での一件。管制官、なにやってんだ? という指摘は当然なんだけど、疑問として、滑走路上にいた作業員は管制塔の無線交信をまったく聞いていなかったのか? と思った。    聞いていたら、定期便のジェット旅客機に対して着陸許可が出されたことを認識して、「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フランスで起きたエアバスA320機の墜落について・・・その2

 フランスで起きた独エアバス機の墜落事故、26日のフランス検事当局の衝撃的な発表以降、墜落に至る過程が徐々に明らかになりつつある。  現時点で、3つの感想がある。 1. 過去の教訓が活かされていない。  今回の件を「信じられない」「前代未聞」と言う人もいるが、ちゃんちゃらおかしい。似たような事例は過去に起きているのだ。パ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスで起きたエアバスA320機墜落について

 フランスで起きた独エアバス機の墜落事故、報道されている情報を総合すると、機体はコントロールされた状況下、一定の速度と降下率をほぼ保ちながら、アルプス山中に激突した可能性が高くなっている。Flightradar24が公開している飛行データから、それがわかる。発生当日のテレビや翌日の新聞では、破壊や爆発、操縦不能や失速ではああいう落ち方に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more