道議会の喫煙所問題はどうなる?

 道議会庁舎の喫煙室問題、どう考えればいいのだろう。  非喫煙者の私としては、時代錯誤も甚だしいし、そんなスペースがあるなら他のことに使えよな、と思う。けれどもおそらく、設置を推進する側の与党会派のオッチャンたちは、「時代に逆行」「議員特権」などと批判を受けることは百も承知でいるのだろう。だとしたら、野党会派やメディアがワーワーと…
コメント:0

続きを読むread more

特急大雪、エンジン故障で運休

けさの地元紙。 エンジン故障で坂道を登れず引き返して運休、だと。どんだけボロ車に客乗せてんだ、と言いたくなる。 確かに、この線区に入ってるキハ183は1980年代製造の経年車。車齢30年は優に超えてるんだから、故障も起きるよ。とっくに入れ替えてなきゃいけないのに、その金なし。

続きを読むread more

運動会はハイキングや遠足じゃないのだから

きのう、二男の運動会にいってきたか。ご多聞に漏れず、午前開催。でも、それでいいんだと思うよ、児童や教員の負担を考えたら。4月に学期が始まって、GWをはさむから、5月末まで実質6周間くらいしかない。その中で、まる1日分の種目を練習するなんて、負担が大きすぎると思う。 「午前だけなんてつまらない」とか「運動会は地域挙げての一大行事」なんて…

続きを読むread more

角松敏生のコンサートに行って来た(札幌市民ホール/2019年5月24日)

 角松敏生のコンサートに行って来た。札幌での角松ライブは去年9月30日の「カラオケツアー」(ZEPP札幌)以来8か月ぶり。去年のバンドツアーは総勢17名の大所帯だったため採算見通しの都合上(たぶん)札幌開催がなかったので、札幌でフルバンドのライブが聴けるのは2017年6月9日の「Sea Is A Lady 2017」(札幌市民ホール)以…

続きを読むread more

ローマ字の名前は姓名表記? 今さら変えても混乱するだけ

 けさの地元紙。  ローマ字で名前を書く場合に、名姓ではなく姓名表記に切り替える要請を強化するのだそうだ。混乱させるばかりでアホなことを、と思う。  名姓より姓名の方が日本人として正しい、という主張自体はわからなくはない。けれども、海外に出たら名姓で表記する方式は幕末以来160年も続けて来ていて、完全に定着している。中国や韓…

続きを読むread more

マガンの「ねぐら入り」(宮島沼・北海道美唄市)

 「旅するデジカメ」らしく、たまには自分で撮影した素材によるエントリ。  美唄市の宮島沼で、マガンの「ねぐら入り」を見てきた。北に向かうマガンの群れは、4月下旬の1~2週間を宮島沼で過ごす。日没前後、周辺の田畑でエサを食べていたマガンがねぐらの沼へと一斉に戻ってくる様子は壮観そのもの。きのうの時点では、約6万羽を観測。再生機には8…

続きを読むread more

エロ雑誌の公然陳列はセクハラ容認のサインだ

今年最初の海外出張。新千歳空港内の書店に立ち寄ったら、目に付いたのが店舗の通路側、最も目立つ一等地に並べられているポルノ雑誌の数々。否、正確には性的情報やヌード画像を含む、表紙にそれを謳った、一般雑誌の数々。 こんなものが空港書店の目立つ場所で売られている時点で国際的にはアウト、女性蔑視、セクハラ公認国家だとメッセージを出している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「四島返還」をいつまで言い続けるのか?

札幌の駅前通り地下道(チカホ)を通りかかったら、北方領土のパネル展をやっていた。例によって、スローガンは「四島返還」。安倍晋三が2島返還で交渉を加速させようとしている中で、何か変化があるかと思ったが、長年言い続けたスローガンはそう簡単には変えられないようだ。  ロシアの言い分に歩み寄って返還交渉を加速させるのならば、今後こういう「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新元号は4月1日発表

 日付が変わり、2019年最初のニュースがコレ。NHKが報道、続いて、テレ朝。他局はチェックできなかったけど、ほぼ横並びで報じているんだろうな。「4月1日に公表する方向で調整していることがわかった」なんて、もったいつけた表現をしているけれども、事前にリークして「元日解禁」とかやってるに決まっている。「最初はNHK、続いて民放」とか、…

続きを読むread more

札幌・豊平区の爆発事故について

 札幌・豊平区で16日夜に起きた爆発事故は、不動産賃貸業者の店長が消臭スプレー120本を廃棄のために一斉噴射し、充満したジメチルエーテルガスに引火した可能性が高いようだ。  これを機に、可燃性エアゾールスプレーのフルオートブロー(ボタン操作で全量自動噴射する機能)は禁止せよ、という声が出てくるんじゃないだろうか。と言うか、高い確率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「常時搭載しなければ攻撃型空母では無い」なら、世の中に攻撃型空母なぞいなくなる

 海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦「いずも」を、戦闘機F35Bが発着艦できるように改装する計画について、政府は「戦闘機を常時搭載するのではないから、憲法上保有できないとされる攻撃型空母ではない」と言っているのだそうだ(東京新聞/12月12日)。  戦闘機を常時搭載しなければ攻撃型空母ではなんて、なんちゅう理屈だろう。米原子力空母だって、…

続きを読むread more

角松敏生のコンサートに行って来た(中野サンプラザ/2018年12月8日)

 中野サンプラザで、角松敏生のコンサートに「参戦」してきた。去年6月以来、半年ぶりの中野。なんだか、東京に住んでいた頃よりも足繁く中野に通っている気がするのだが、それだけ自分自身が角松敏生へのライブ音楽への渇望感の度を増しているということなのだろう。通常の4リズムに加えて、13人のブラス隊、コーラス2名、クワイヤー6名まで加えた総勢25…

続きを読むread more

角松敏生コンサートに行って来た(Zepp札幌/2018年9月30日)

 角松敏生ライブのために、Zepp札幌に行った。カラオケツアーだのなんだのとさんざんブーたれていたが、彼が我が地元・札幌にやってきて歌うとなれば、聞きに行かない選択肢なぞあり得ないのだ。  やっぱり感動した。心が動いた。素直に、そう思う。  ステージ上は本人とキーボード奏者の2人だけ。録音同期(打ち込み)された音源をフル活用…

続きを読むread more

東京、台風前・・・欠航判断のタイミングに見るJAL・ANAの違い

 きのうから一泊二日で東京に出張滞在している。台風が近づく前触れなのだろうか。じっとりと重たい空気に、シャツもズボンも素肌に貼りつく。上着なぞとても着てられないので、出張カバンに収納した。  午後に予定されている会議と交流会をこなして最終便で帰札する予定でいたが、午前10時すぎ「搭乗予定便が欠航します」とメールで連絡。運航状況を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HAC SAAB340Bの後継機 ATR42にようやく決定

 HAC(北海道エアシステム)が道内で運航する3機のSAAB 340Bの後継機にATR42-600が導入されることが、ようやく発表された。来年11月に機体を受領し、運航開始は2020年だという。現用のSAABは機齢がまもなく20年を超える。後継機選定のタイムリミットが近づいていることが前から言われていたが、ようやく決着したわけだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七夕が8月のワケ

 きょうは七夕。もっとも、北海道の七夕は8月なのであまりそういう実感はわかないのだが、ラジオで星にちなんだ曲のエアプレイが続くのは悪くない。7月と8月、七夕気分を二度味わえるのは、少しだけ得した気分になる。  ところで、そのラジオで解説していたのだが、「七夕」が7月の地域と8月の地域があるのは、明治5年に暦を切り替えたとき、旧暦(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出張旅の必需品 有線LANアダプタ

 出張旅の必需品の一つが、USBのLANアダプタだ。今使っているノートPCはワイヤレス前提でLAN端子が付いてないので。  ホテルのインルーム無料Wi-Fiはテレビや冷蔵庫と同じくらい必須の装備となったが、これに接続してノートPCを使うと、速度が「クソ!」と言いたいこと遅いことも少なくない。そこで、持参したアダプタを部屋のLAN端…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲーム(試合)とは何か?

 昨日の試合をずっと見ていたが、最後の15分は両チームともまったく試合をする気がなかった。自陣内でパスを回すだけ。まったく進展しない試合(もはや試合とも呼べまい)を前に、時間が経つのがなんと遅く感じられたことだろう。もっとも、それを誰よりも感じていたのはピッチにいた選手たちだろうけれども。  日本にとっては、負けてもセネガルとのポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い6月・・・「50年に一度の寒さ」にはならず

 札幌、50年に一度の寒さ、にならず。    きのう(6/18)最高気温が20度に達しなければ、11日連続最高気温20度未満ということになり、1988年の10日連続を抜き、6月としては50年に一度の寒さ、になるはずだった。が、14:53に20.2度を記録。50年に一度、とはならなかった。が、20度を上回ったのはほんの一瞬。アメダスが…

続きを読むread more

新幹線殺傷事件から得るべき教訓

 先々週の土曜日、新幹線内で起きた殺傷事件について、被害者遺族の心情を報じた記事が目に留まった。共同通信の配信記事で、さまざまな媒体に掲載されている。 新幹線殺傷事件、遺族がコメント 「本当に悔しく無念」  東海道新幹線で乗客の男女3人が殺傷された事件で、死亡した会社員梅田耕太郎さん(38)の妻と両親が18日、弁護士を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家電延長保証について・・・8年ぶりに考えてみる

 8年も前に書いた家電延長保証に関する記事が突然当ブログのデイリーアクセス1位になっていたので何かと思ったら、日曜夜のテレビ番組「林先生が驚く初耳学」でこのことが取り上げられた影響らしい。テレビ離れなんて言われるけど、テレビの影響力はまだまだ健在だ。  たまたま録画していたので見てみたが、話の内容はこんな感じ。  延長保証に入るべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び、鉄道は本質的にテロに対し脆弱な乗り物である

定員1323人、16両編成の列車が1日当たり365本運行され、1日45万人以上の乗客を運んでいる東海道新幹線で同様の体制を取ることは、「新幹線の利便性を大きく損なう」としてJR東海は否定的な見解を示している。(枝久保達也「新幹線で凶行が繰り返されてもセキュリティ対策が充実しない理由」ダイヤモンド・オンライン  3年前に起きた放火事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄で米空軍のF-15が墜落

 防衛省などによりますと、11日午前6時半ごろ、沖縄本島の南およそ80キロの海上で、アメリカ軍嘉手納基地所属のF-15戦闘機が墜落しました。乗っていたパイロット1人は緊急脱出し、そのおよそ1時間後に航空自衛隊のヘリが救助したということです。(TBSニュース)  嘉手納基地に配備されている米空軍のF-15は1970年代製造で機齢40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「強風」「曇天」「不安定」・・・札幌の野外イベントは天候リスクだらけ

 この週末はYOSAKOIソーラン祭りウィーク。巨大ダンスコンテストと化したYOSAKOI自体にはたいして興味がないのだが、祭りの創り出す賑わいの様子は気になるので、日曜の街に出てみた。  それにしても、寒い。全国的には初夏と言われる6月に「寒い」と言うと北海道外の人には意外に思われるかも知れないが、とにかく寒いのだ。気温は15度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

583系寝台電車の生き残り…サハネ581-19号車

 この写真、鉄分の入ってる人なら「おぉ!」と思うはず。583系寝台電車の一両。1969年製造。旧美幸線終点の仁宇布駅(北海道美深町)に残置されたままになっている。営業時の姿で残っているのは、国内でもごくわずかと思われる貴重な車両だ。  サハネ581-19号車。国鉄末期の1986年、青森運転所から札幌運転所に転属された583系7両の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マックシェイクはいつも売り切れ・・・のナゾ

 マクドナルドのハンバーガーを口にすることは数年に一度くらいしかないが、夏になると口にしたくなるのが、マックのシェーキだ。これは、年に3?4回は口にしていると思う。120円(ちょっと前までは税込100円だった)という値段の安さも、いい。  ところで、気温とマックのシェーキまたはツイスト(要はソフトクリームね)の「売り切れ」または「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

角松敏生・・・この秋は”カラオケ”ツアー

 角松敏生の秋のコンサートツアー日程が発表された。ブラス13人のビッグバンドを従えた夏のツアーは、東京から比較的近く、確実な動員が見込める会場しか周れない。今回は、夏のツアーで「選外」となった地方を中心に、札幌・岩見沢を含む全国18か所を回るのだそうだ。  でも、なんだかなぁ、というのが正直な感想。早くも消化不良の予感。  …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

角松敏生の新作「BREATH FROM THE SEASON 2018」に関する辛すぎる感想

 角松敏生の新作「BREATH FROM THE SEASON 2018 Tribute To Tokyo Ensemble Lab」が、ようやく手元に届いた。発売日が25日なので、2日遅れ。  それよりも・・・27日夜にAmazonから届いて、3連休で聞きまくった上での感想。 ①意外に製作費、ケチッてんのな  ブラスにあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

またぞろ被害者バッシングか

財務次官のセクハラ事件だが、「隠し録りしたのは取材倫理違反」「週刊誌にタレ込んだのは社内規定違反」という、要は被害女性バッシングに話が流れて行きそうで、怖さ、と言うよりヤバさを感じる。 沖縄返還のときの外務省密約スクープ事件(毎日新聞西山事件)のときも、そうだった。 この国の政治とメディアは、なんでこう、同じことを繰り返すのだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陸自ヘリの墜落事故について

自衛隊機の死亡墜落事故は、去年5月に北海道北斗市に陸自のLR2が墜落した事故から数えて、これで4件目。9か月で4件の死亡墜落事故とは、明らかに異常である。うち2件は操縦ミスが原因と判明している。今回のケースは状況から見て、整備ミスの疑いが強い。 任務強化と人手不足、訓練不足、そして、高価で実効性が疑問視される正面装備の相次ぐ導入に起因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more