サマータイム法を提出?

050305-Article けさの北海道新聞に「自民、民主など超党派の議員団が、サマータイム導入法案を今国会に提出」という記事が、デカデカと出てた。

 15年来の夏時間信奉者としては、何ともうれしいニュースだ。けれども、素直には喜べない。この手の報道はこれまでも何度もあって(1995年、99年など)、そのたんびにポシャってきたから、いまいち信用できないのだ。「ホンマかいな?」という思いの方が強い。

 まして夏時間制度は、余暇時間が増えるとか、エネルギー節約になるというメリットが明らかなのにもかかわらず、「労働強化につながる」「年2回時計を切り替えるのが億劫」といった現実論から、「寝不足になる」「明るい時間に仕事を終える気にならない」という妙な感情論、「夜は暗いものだ」なんていうわけのわからない理由まで、反対論、慎重論は根強いから、それらを押し切って、本当に法案が提出されるかは、今の段階では「わからない」としか言いようが無い。

 北海道は別にして、全国的に導入議論が盛り上がっているような感じもしないし、京都議定書批准に合わせた政治家のパフォーマンスのニオイが、しないでもない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 道新~エープリルフールで「お騒がせしました」

    Excerpt:  「札幌に発寒区誕生」「時計台・世界遺産へ」などのウソ記事を4月1日に掲載し、大いに笑わせてくれた道新が、「お騒がせしました」という釈明記事を掲載した。「エープリルフールです」という断りが目立たず、記.. Weblog: 旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝える> racked: 2010-04-13 23:16
  • サマータイム・・・「残業絶対禁止」の覚悟がどれだけありますか?

    Excerpt:  「サマータイム」という言葉を、政治家の口から久々に聞いた。90年代から何度も出ては消え、出ては消えし、福田康夫総理時代に法案提出寸前まで行ったものの、小泉純一郎の「関心しない。面倒くさい」の一言で葬.. Weblog: 旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝える> racked: 2011-03-23 02:56