■シカゴ

【7月28日(米国中部時間)】

 ホノルルから約12時間のフライト。満席のB777のエコノミー席は、かなりの苦行だった(アメリカの主要航空会社のYクラスのシートピッチは、日本の航空会社よりも狭い)。

 午前5時15分にシカゴ空港に到着。ホノルルから約8時間、時差は+4時間。約1時間の乗り継ぎ待ち。早朝だといのに、かなりの乗客だ。

 この空港は、1999年1月以来。あの時は大雪で国内線が全便欠航し、かろうじて飛んだ国際線も5時間遅れた。

 これからボストンへ、約1時間半のフライト、時差はさらに+1時間。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック