札幌西武の解体工事がいよいよ始まった

画像 何度も書いて来た、駅前通りにある札幌西武の解体工事が、いよいよ始まったようだ。外周が鉄板の囲まれている。レンガ調の今の建物がお目見えしたのが1990年だから、わずか21年。短い命だったな、と思う。

 これだけの建物を解体するには、外壁を全て足場と防塵シートで覆わなくてはならないはずだから、このレンガ調の壁はもう少し私たちの目に触れることにはなるだろう。

 跡地はヨドバシカメラが購入し、新たに店舗ビルを立てることが決まっているが、単純に現在のビルを建て替えるのか、既存の周辺ビルまで巻き込んだ再開発になるのかが、よくわからない。
この一つ南側の街区では、札幌三井ビルの工事がこれから始まると言うし、地下歩行空間が完成しても、駅前通はまだ当分、大規模工事の槌音が響くことになるだろう。




Ocean Radio@2011

この記事へのコメント

Ajatink
2011年05月23日 21:18
わずか築21年で解体とはもったいない話です、
躯体はそのままで内部の改装だけで使えないものか?
Granpark407
2011年05月26日 01:31
ビルごと解体など合理的では無いです
弊社がB747やA300、MD90を売却するのと
わけが違うのだから、
ちなみにB747機の売却では随分と利益が出ました。
その代償として来期が不安です。

この記事へのトラックバック

  • 解体準備? フェンスに囲まれた旧札幌西武

    Excerpt:  前にも書いた、旧札幌西武の建物。きょう見かけたら、建物を取り囲むフェンスが一段と高くなっていた。見た感じ、このフェンスが建物をすっぽり覆う高さにまで伸び、解体工事が始まるのかな、と思う。 Weblog: 旅するデジカメ・札幌発<見る・残す・伝える> racked: 2011-06-03 18:33