スマホ料金について

 スマホ料金が高過ぎだと、政府関係者がしきりに言っている。が、大手3社は値下げには後ろ向きなのだという。

 私の支払は月額8000円くらい。ガラケー時代が、パケット無制限も含めて5000円くらいだったから、確かに高いな、とは思う。5年前、iPhone4でスマホユーザーとなったときは、月額5700円だった。それに比べたら2000円以上値上がりしているわけだが、この5年でiPhone4 → iPhone5 → iPhone5S と端末を乗り換え、そのたびに高性能化と引き換えに価格は上がり、月々の分割金額も値上がりしているので、しょうがないか、と思う。しかも、5年前にはなかったテザリング機能がiPhone5から使えるようになり(当初2年は無料、その後は有料オプション)、iPadやPCもiPhone経由でネット接続できるようになって利便性が大幅に上がったので、高すぎる、とまでは言えないな、というのが正直な感想。

 むしろ、高速通信が携帯電話網に与える負荷の高さまで考えると、月6000円程度(8000円のうち2000円はiPhoneの分割払いなので)で高速データ通信を月に7GBまで使えるのは、安いと言うべきではないかな、と思う。もちろん、月7GBなんて、PCテザリングで使っていたらあっという間に上限に到達してしまうから、もっと上限を上げてくれ・・・とはいつも思うけれども。

 ただ、7GB上限まで使うようなヘビーユーザーは契約者全体からすれば少数というのは確かにそうで、多くのユーザーは月1~2GB使うかどうか。(NTTコムの調査では、実に7割のスマホユーザーが月間通信量1GB未満なのだとか) そういうユーザーが7GB分の料金を負担させられているのは不公平でしょ、という理屈は、わからぬでもない。

 でも、それって裏を返せばライトユーザーを値下げする代わりにヘビーユーザーからもっと高い料金を取れ、ということ。しかも、数の上ではライトユーザーが圧倒的だから、その分を値下げすると、ヘビーユーザーの負担は大きくなる。月額料金1万円を超えるようだとヘビーユーザーはみなWiMAXのようなデータ通信専用サービスに流れてしまうだろうし、それはそれでキャリアとしては避けたい・・・。

 そもそも論を言えば、高額なデータ通信パックとセットにした、端末(iPhone)の割引販売が、非常にいびつで不健全なのだ。端末は電器屋さんが売り、ユーザーが各社を比較して自由にキャリアを選んで契約すればいいのだ。今の売り方は、端末を安売りしたくないメーカーと、ユーザーを囲い込みたいキャリアの思惑が一致した、談合販売そのものだ。

 ガラケー全盛期の10年前から問題視されている構造が、さっぱり変わっていない。

【Ocean Radio@2015】





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック