沖縄にて

画像 沖縄に行って来た。梅雨入り前、真夏を思わせるような日差しの下、きょうも沖縄の海はエメラルドグリーンに輝いていた。毎回書いていることだがこの美しい海を埋め立てて米軍のための基地を造ろうなど、狂気の沙汰である

 初めての沖縄訪問から12年、年1回程度意識して通うようになって6年になる。この6年間、辺野古の新基地建設をめぐる膠着状況はまったく変わらず、反対派・推進派の分断がより深まり先鋭化した分だけ悪くなっているとも言えるかもしれない。今回も、日の丸を持った一団が基地建設に反対する運動をしている人に口汚ない罵詈讒謗を浴びせている様子を目撃した。こういう集団に遭遇する頻度が上がったことが、この6年の変化と言えば変化だろうか。

 ただ、はっきりしていることは、国の目論む辺野古新基地建設は当初計画より大幅に遅れているということ。そしてそれは、地元の断固とした反対の意思と、粘り強い運動の成果であるということ。

 意志があり、それを大勢が共有できれば、道は開ける。そう、希望を持とう。

画像

画像

画像

画像

【Ocean Radio@2016】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 狂気の沙汰・・・辺野古土砂投入ついに始まる

    Excerpt:  コバルトブルーのサンゴの海に、貴重な生態系が存置された生命の海に、回復不能な土砂投入だ。「この美しい海を埋め立てるなぞ狂気の沙汰だ」と言い続けてきたが、その「狂気の沙汰」が、ついに実行された。この国.. Weblog: 旅するデジカメ~札幌発東京定住日記 racked: 2017-04-26 09:59