ヤバさの予兆

画像
成人式直前の「夜逃げ」で大騒ぎになっている着付業者の件。

トンづらした経営者に100%の非があることは言うまでもなく、被害に遭われた方々は気の毒とした言いようがない。が、それでもなお、「不自然に早い入金を要求する」という黄色信号が煌々と灯っていたのに、マズイ、ヤバイ、と感じる顧客はいなかったのか、という思いを禁じ得ない。

最近だと去年春の旅行会社「てるみくらぶ」の倒産が典型例だが、多くの客から大金を預かったりローンを組ませたりして倒産というのは、10年単位のスパンで見れば、極めてありふれた事例なのである。古い話ではあるが、愛染苑山久(着物モニター商法・1999年破たん)とかココ山岡(ダイヤモンド買取商法・1997年破たん)の事例なんかが、私はパッと脳裏に浮かぶ。ヤバそうな会社にはたいてい、予兆があるのだ。

にもかかわらず、これだけ多くの被害者が出ていることに、過去の事例から教訓になっていないな、と思ってしまう。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック