あの日あの場所・・・DC-10 JA8538 in サイパン

画像 この写真は、2003年3月、サイパン国際空港で撮影したJALのDC-10(JA8538)。JASとの経営統合が発表されてから5か月、新塗装は発表されたばかりで、まだほとんどの機材は鶴丸で飛んでいた。

 JALはこの2年後、急速に経営が悪化し、サイパンから全面撤退することになる。この頃は、何気なく写した1枚なのだが、サイパン、DC-10、鶴丸・・・今はなき貴重な姿が記録されている。


画像 サイパンは結局、このとき1度行ったきりになってしまった。空港のロビーで目に入る日本語の看板も、田舎ムード満点だった。日本との直行便は外国エアラインだけとなり、ここを訪れる日本人は激減したはず。あの空港は今、どうなっているのだろう・・・。




"あの日あの場所・・・DC-10 JA8538 in サイパン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント